カルロス・モンテス・システルナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルロス・モンテス・システルナス
Juan Carlos García Pérez de Arce
Carlos Montes 2022.png
2022年のカルロス・モンテス
生年月日 (1971-01-03) 1971年1月3日(51歳)
出身校 チリ・カトリック大学, [[]]
所属政党 キリスト教民主党 (チリ)(1965-1969年),統一民衆行動運動スペイン語版(1969-1987年), 民主主義のための政党(1987-1989年),チリ社会党(1989年-)
配偶者 Gloria Josefina Cruz Domínguez
テンプレートを表示

カルロス・エドゥアルド・モンテス・シスターナス[1]Carlos Eduardo Montes Cisternas,サンティアゴ1946年5月11日)は、チリの経済学者および政治家であり、社会党(PS)党員である。 2022年3月11日現在、ガブリエル・ボリック大統領の政権下で同国の住宅・都市省大臣を務める。 [2]これまで、2014年から2022年の立法期間に第8選挙区(サンティアゴ・オリエンテ)を代表する共和国上院議員、1990年から2014年まで6期連続で第26選挙区(ラ・フロリダ市)の代議員を務めている。[3]

11999年から2000年にかけては下院議長を、2018年3月11日から2019年3月12日にかけては上院議長を務めた。 [3]MAPU(Movimiento de Acción Popular Unitaria)と民主主義のための政党(Partido por la Democracia)の設立グループの一員であった。[3]

バイオグラフィー[編集]

家族[編集]

1946年5月11日、サンティアゴのラ・フロリダで、カルロス・ホセ・モンテス・ウレタとマリア・エレナ・システルナス・ラレナスの息子として生まれる。 [4]キリスト教民主党 (チリ)の活動家である彼の父は、保守的な活動家のエドゥアルド・モンテス・イ・ガルシア・フイドブロ[5]とテレサ・ウレタ・エチャサレータの妹で、1931年に急進派の大統領フアン・エステバン・モンテロの下で国務大臣を務め、後に上院議員になった保守派の弁護士・政治家アルトゥーロ・ウレタ・エチャサレータもまた、この姉妹である。 [6] [7]

グロリア・ホセフィナ・クルス・ドミンゲスとは、夏休みの宿題でトゥブール(アラウコ村の漁村)に行ったときに知り合った。 [8]アンドレス(弁護士)、 [9]フアニータ(心理学者) [8] ハビエラという3人の子どもの父親である。フアニータ(心理学者)と、ミシェル・バチェレ大統領の第2次政権で国務次官を務めたハビエラの2人である。[3]

学業と社会人生活[編集]

ビタクラのSaint George's Collegeで初等・中等教育を修了し、1964年に卒業した。その後、Pontificia Universidad Católica(PUC)で経済学を学びました。メキシコに亡命中、経済学を学ぶ。 [10]

1981年から1985年まで、同国のさまざまな大学で経済学の教鞭をとった。その後、プエブラ自治大学地域研究センター所長に就任。 [3]

1987年から1990年にかけては、チリでCentro de Estudios Municipales Cordilleraのディレクターを務めた。 [3]

政治的キャリア[編集]

初め[編集]

15歳で隣組のリーダーとして政治家としてのキャリアをスタートさせた。その後、大学時代には学生連盟(FEUC)のリーダー、PUCの高等評議会の学生代表として活躍した。 [3]

1969年、キリスト教民主党_(チリ)(Partido Demócrata Cristiano)から分裂したMAPU(Movimiento de Acción Popular Unitaria)の創設グループの一員となる。1989年にチリ社会党(PS)に合併・編入されるまで、このコングロマリットのリーダーを務めた。[3]

1973年の軍事クーデター後、1980年12月に逮捕されるまで、地下からMAPUを率いた。国家情報センター(CNI)に1カ月間拘束され、その間、殴打や電気ショックなどの拷問を受け、取り調べを受け[11] [4]、サンチアゴ刑務所に収監される。1981年10月、家族とともにメキシコに亡命した。 [3]

1985年、亡命先から帰国し、チームとともにベシノス・ジュンタスの民主化活動を開始した。1988年の国民投票では、首都圏の「NO」キャンペーンを担当した。 [3] 1988年には、パルティド・ポル・ラ・デモクラシア(民主主義のための政党)の創設グループの一員でもあり、1992年6月に兼任を解除するまで、第1政治委員会のメンバーだった。社会党では、中央委員会委員に就任(1990年)。 [3]

2000年10月には、リカルド・ラゴス大統領からチリ200年祭大統領諮問委員会のメンバーに任命された。[3] [12]

国会議員(1990-2014)[編集]

1990年から2014年まで6回連続でラ・フロリダ第26区の副代表に選出され、仲間から最優秀副代表にも6回選出された。 [4]

副代表として、自身が委員長を務める財政・住宅・都市開発常任委員会、内政・地域化・計画・社会開発[3]公共事業・交通・通信・保健・教育委員会の委員を歴任した。 [3]貧困に関する特別委員会およびチリにおける宗教の平等に関する委員会会長、スポーツ・レクリエーション総局(DIGEDER)委員(1990-1994年)を務めた。スポーツ団体への公的資源の提供に関する調査委員会(1994-1998年)委員。 [3]中小企業特別委員会(2002年~2006年)に加えて。 [3]自身が委員長を務めた労働総局の行動を調査する委員会や、トランサンティアゴ計画(2006~2010年)と並んで。2010年から2014年まで、市民の安全保障と薬物、財政、経済に関する常任委員会の委員を務めた。 [3]

1999年3月11日から2000年3月23日の間、下院の議長を務める。[3]

2013年の国会議員選挙では再選を断念し、上院議員への出馬を決めた。後任にはカミラ・バレホ・ダウリングが就任した。 [3]

国会議員として作成した主な法律[編集]

住宅や都市計画に関心を持ち、この分野の法律をいくつか制定している。 [13] [14] [15] [4] [15]代表的な法律としては、公共の安全のために道路や通路を閉鎖することを規制する法律が制定されました。また、共同所有の管理、社会住宅用コンドミニアムの改良・拡張プロジェクトの提示を容易にする法律の著者でもある。 [16]同じように、社会住宅用マンションの分割を規定する法律も作成した。 [17]

また、「市民の安全と薬物に関する常設委員会」を設置する法律や[18]、独立議員や議会委員会に属さない議員に関する衆議院の規制法など、下院の機能に関する法律も数多く作成した。[19]

国会議員時代には、聴覚障害者がONEMIが提供する情報にアクセスするためのルールを定めたインクルージョン法の作成者でもあります。 [20]

上院議員(2014-2022)[編集]

(中央)、カミラ・バレホ、ミシェル・バチェレとともに上院議員選挙に臨む。

2013年の国会議員選挙では、サンティアゴ・オリエンテ第8区の上院議員として立候補を表明し、2014年から2022年の立法期間に臨む。 [3]元学生指導者のジョルジオ・ジャクソン率いる民主革命運動など、新主流派以外のグループからも支持を受けた。 [21]候補者であるキリスト教民主党のソレダド・アルベアー氏に僅差で勝利し[22] 、 1973年以来初めてサンティアゴで選出された社会党の上院議員になった。 [23]

国会の委員会[編集]

2014年には、金融・住宅・都市計画常任委員会の委員を務め、委員長も務めた。 [24]その際、当時の住宅都市省大臣パウリナ・サバルと首都圏南東部の住宅委員会のリーダー300人との会談を明確にし、住宅・土地計画におけるより積極的な役割を提唱したのである。 [25]

2015年は、財務常任委員会、監査委員会、予算合同特別委員会、上院倫理・透明性委員会の委員を務めた。2016年、文教委員も兼任。 [24]

2018年3月20日から2019年3月11日まで総務常任委員会に所属し委員長を務め、2019年3月21日から2020年3月23日まで住宅・都市計画常任委員会に所属し、2018年11月8日まで決算審査委員会に所属していた。同様に、同年4月11日付で、予算特別合同常任委員会の委員に就任しています。2018年5月29日より、第4回予算特別合同小委員会委員、2020年8月21日より委員長を務める。[3]

2019年4月8日、子ども・若者関連法案処理担当特別委員会委員に就任(NNA)。2020年3月18日付で、文教常任委員会に参加。2021年5月31日、住宅・都市開発常任委員会に参加し、同年6月1日、同委員会の議長に就任した。 [3]

高等教育に関するポリシー・ポジション[編集]

教育委員会の経歴を考慮し、高等教育に関する議論に参加し、高等教育の構造、教育へのアクセス、民間部門の規制、資金調達について立場を表明した。[26]

"どんな本質的な変化をもたらしたいのか?それはとても重要なことです。私が考えるに、根本的な疑問は3つある。

第一は、高等教育の構造において、モデルのバックボーンとなる国立大学のシステムが必要であり、これらの大学が国家の主要な問題を研究し、専門家を養成することができることである。しかし、チリにはもう一度、この役割を果たし、貢献する公立大学のシステムが必要です(中略)しかし、私たちは国のビジョンを持ち、部分的なビジネスではなく、発展というビジョンを持って動かなければならない。

2つ目の根本的な変化(...)は、アクセスに関連するものである。教育の無償化は価値観の観点から関連するものであり、単なる道具的な問題ではない。この国の才能ある人々が大学に進学し、訓練を受け、支配階級の一員となることを志し、この国の建設者たちがより大きな役割を果たす可能性があるということである。高等教育は社会的権利となり、多様化や排除の要因にならないようにしなければならない。学生運動によって確立されたこの要求は、高等教育は権利であるべきだという基本的なものである。 中略)チリでは、お金のない人が清算されるということはありえないのです。私たちは、ある普遍的な権利、あるレベル、あるベースを持たなければならない。

一方、3つ目の変化は、非常に重要なことだが、民間部門がパートナーになるための新しい規制制度が必要だということである。 何のために?品質、透明性、制度の堅固さを保証すること。しっかりしていないからと、国が引き継がなければならない大学があり続けることは、許されないと思う。その中で起こることは、不明瞭であってはならない(中略)しかし、何よりも品質である。私は過剰な規制には賛成しないが、過小な規制にも賛成しない。品質、透明性、健全性という3つの要素を担保する仕組みが必要なのである。

資金の問題については、(...)国が国立大学を担当し-配分のモデルは別の問題だが-、バックボーンを確保しなければならない(...)国は国立大学に資金を提供し、学生への助成制度も持たなければならない(...)」と述べている。[26]

議員時代に作成した主な法律[編集]

公正さの分野では、2015年11月に彼が執筆した法律が制定され、違法または不正に得た献金で選挙運動の資金を調達したと有罪判決を受けた者は、国会議員を解任されることが定められた。[27] [28]

2008年、当時のモンテス下院議員は、自然保護権を定めた法律の著者の一人で[29]、不動産の環境遺産、またはその特定の属性や機能を保全する力からなる権利である [30] 。8年後、上院で法案が可決されたとき、彼は討論に参加し、チリ中央部に存在し、世界でもごくわずかな場所(カリフォルニア、地中海東部沿岸、スペイン)にしか存在しないチリの地中海生態系の保全の重要性を指摘した。例として、彼の選挙区の一部であるラ フロリダに存在し、硬化性森林の最後の保護の一つとなっているパヌールの森を取り上げた。 [31]さらに、REMの保全権を、保全に対する何らかの税制優遇措置で補完することを提案した。 [31]

その他、支援した政治活動[編集]

バチェレ第2次政権時には、公共投資促進を目的とした経済成長に関する提案を主導し、社会党議員団から提示された。 [32]

また同年、大麻の自己栽培の非犯罪化を人権問題として取り上げることが急務であると表明し[33] 、社会党の仲間とともに、大麻の自家栽培を認める動議を提出した。

科学技術の分野では、将来の科学技術・イノベーション省の役割を明確にし、国家機関の権限強化と具体的な任務の付与を提唱するとともに、鉱業ロイヤリティとの連携など、より安定した歳入機構を求める原動力の一人となった。[34]また、高等教育制度との統合も求めている。 [26]また、同議員は、Empresa Nacional del Petróleo(Enap)のコーポレートガバナンスを近代化する法律の議論に参加し、短期的な収益性を求めるのではなく、国の特定のニーズに対応するために、特定の活動や創造物が必要であると主張して、公開企業の存在を擁護した。[35]

また、消費者の権利保護に関する法律19.496の修正案が憲法裁判所から異議申し立てを受けた際、国家消費者サービス(Sernac)の強化も政治的に支援した活動のひとつである。 [36]上院の議場での討論では、その法案の中の道徳的損害賠償を擁護することさえあった。[37]

上院議長(2018-2019)[編集]

2018年3月11日、上院議長に選出され、その立場でセバスティアン・ピニェラ氏に大統領のたすきを渡すことになった。 [38]その立場から、野党が多数を占める上院が左翼の再立法の場となることを予見していたのである。 [39]その取締役会は、独立系上院議員のカルロス・ビアンキが公社の副社長に就任していた。 [3]

大統領就任中に行った措置のひとつは、上院の内規の一部である、セクシャル・ハラスメントの場合に採用すべき措置に関する規則の評価を倫理・透明性委員会に依頼し、この見直しに女性職員の特別参加を考慮するよう主張し、機密保持、申立人の保護、客観的で徹底した調査を確保するため、既存のすべての見解を収集する目的で実施された。 [40] [41] [42]

また、法律の技術基準を引き上げるために、法律の処理に一連の修正を提案し、次のように述べている。

"委員会での議論が終わった後は、3人の幹事がこのプロジェクトを受け持ち、技術的な整合性や、あるルール、ある文言がどう改善されるかを検討するというもので、現在ではこのようなことはない。これにより、私たちは製品の技術水準を確実に向上させるだけでなく、より多くの人々に議論を投影することができる。”.[43]

2018年にはマヤ・フェルナンデス代議院長と調整し、この点に関する政治と市民の調整イニシアチブを実行した。すなわち、両者は憲法学者と会談し、第2次バチェレ政権で懸案となっていた憲法論議について代替案を構築したので[44]、モンテス氏が国会議員だった少なくとも2013年から提唱しているものである。 [45]市民権の分野では、代議院議長との連携のもと、三省庁の代表者とともに文化的市民権プログラムを実施し、若者の関心事を取り上げ、市民教育に貢献することを目指している。 [46]

2019年3月12日まで上院議長を務め、後任にハイメ・キンタナ・レアルが就任した。 [3]

住宅・都市計画相(2022年)[編集]

2022年1月21日、当時の次期大統領ガブリエル・ボリックによって住宅・都市開発大臣に任命され、ボリック政権の発足とともに2022年3月11日に就任、75歳にして内閣で最も長く務めた大臣となり、チリ史上でも最も長く務めた大臣の一人となった。 [47] [48]

選挙戦の歴史[編集]

1989年国会議員選挙[編集]

  • 1989年国会議員選挙、第26区(ラ・フロリダ)代議員候補[49]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
カルロス・モンテス・シスターナス コンセルタシオン・デモクラシア 民主主義のための政党 51 504 35.79
ウィルナ・サアベドラ・コルテス コンセルタシオン・デモクラシア キリスト教民主党_(チリ) 36 837 25.60
グスタボ・アレッサンドリ・バルマセダ チリのための同盟 チリのための同盟 30 484 21.18
アウグスト・シュスター・インファンテ チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 13 872 9.64
オリソン・ハイメ・モヤ・メディナ Liberal-Socialista Chileno キリスト教民主党 (チリ) 7097 4.93
ホセ・エミリオ・エドワーズ・ガンダリラス Alianza de Centro (Chile) ILD 3515 2.44
ルイス・アンヘル・サンティバネス・ペゾア Alianza de Centro (Chile) ILD 597 0.41

1993年の議会選挙[編集]

  • 1993年の議会選挙、第26地区(フロリダ州ラ)の副候補[50]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
マリアナ・エイルウィン・オヤルズン コンセルタシオン・デモクラシア キリスト教民主党_(チリ) 48 309 32.91
カルロスモンテスシスターナス コンセルタシオン・デモクラシア チリ社会党 47 919 32.64
グスタボ・アレッサンドリ・バルマセダ チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 39 716 27.05
マルティン・パスクアル・アリアス Movimiento de Izquierda Democrática Allendista チリ共産党 4483 3.05
エンリケ・シリング・ロハス チリのための同盟 PN 2688 1.83
カルロス・サンドバル・アンビアド Movimiento de Izquierda Democrática Allendista Movimiento de Izquierda Democrática Allendista 1397 0.95
ホセ・ガブリエル・フェレス・ナザララ La Nueva Izquierda Alianza Humanista Verde 1232 0.84
マリア・ユージニア・ホイップル・モンダカ La Nueva Izquierda La Nueva Izquierda 1066 0.73

1997年の議会選挙[編集]

  • 1997年の議会選挙、第26地区(ラフロリダ)の副候補[51]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
カルロス・モンテス・シスターナス コンセルタシオン・デモクラシア チリ社会党 54 536 40.74
リリー・ペレス・サン・マルティン チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 41 228 30.80
マリアナ・エイルウィン・オヤルズン コンセルタシオン・デモクラシア キリスト教民主党_(チリ) 27 743 20.72
パトリック・アギラール・カレラ La Izquierda (Chile) チリ共産党 4576 3.42
アンドレス・ウガルテ・ナバレテ チリのための同盟 独立民主連合 1884 1.41
マリレン・カブレラ・オルモス チリのヒューマニスト党 チリのヒューマニスト党 1721 1.29
レナート・アベンダノ・オルティス La Izquierda (Chile) ILD 1388 1.04
ベロニカ・タグレ・ムノス チリのヒューマニスト党 チリのヒューマニスト党 799 0.60

2001年の議会選挙[編集]

  • 2001年国会議員選挙、第26区(ラ・フロリダ)代議員候補[52]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
カルロス・モンテス・シスターナス コンセルタシオン・デモクラシア チリ社会党 69 183 50.99
リリー・ペレス・サン・マルティン チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 49 810 36.71
ホルヘ・カナルス・デ・ラ・プエンテ コンセルタシオン・デモクラシア キリスト教民主党 (チリ) 4935 3.64
フアン・エンリケ・ジャラ・オパゾ チリのための同盟 独立民主連合 4640 3.42
ルイス・サリナス・バルデベニート チリ共産党 チリ共産党 3729 2.75
ホセ・ガブリエル・フェレス・ナザララ チリのヒューマニスト党 チリのヒューマニスト党 1874 1.38
ガブリエル・バルデス・オレラナ チリ共産党 チリ共産党 1500 1.11

2005年の議会選挙[編集]

  • 2005年国会議員選挙、第26区(ラ・フロリダ)代議員候補[53]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
カルロスモンテスシスターナス コンセルタシオン・デモクラシア チリ社会党 69 997 48.08
グスタボ・アレッサンドリ・バルマセダ チリのための同盟 独立民主連合 31 830 21.87
ゴンサロ・ドゥアルテ・レイバ コンセルタシオン・デモクラシア キリスト教民主党_(チリ) 20 448 14.05
ミゲル・ナバーロ・ハウスラー チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 12 983 8.92
ラウル・アラルコン・ロハス Juntos Podemos Más チリのヒューマニスト党 6390 4.39
ジュリオ・オリバ・ガルシア Juntos Podemos Más チリ共産党 3926 2.70

2009年の議会選挙[編集]

  • 2009年国会議員選挙、第26区(ラ・フロリダ)代議員候補[54]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
カルロス・モンテス・シスターナス コンセルタシオン・デモクラシアとJuntos Podemos Más チリ社会党 71 173 50.44
グスタボ・ハスブン・セルメ チリのための同盟 独立民主連合 36 438 25.82
グスタボ・アレッサンドリ・バルマセダ チリのための同盟 チリのための同盟 20 875 14.79
ミリアム・ヴェルダゴ・ゴドイ コンセルタシオン・デモクラシアコンセルタシオン・デモクラシアとJuntos Podemos Más キリスト教民主党_(チリ) 6455 4.57
マーシャル・バレンズエラ・アルバレス Chile Limpio. Vote Feliz ILD 1923 1.36
フアン・カルロス・ガルベス・ガレギロス Nueva Mayoría para Chile チリのヒューマニスト党 1823 1.29
グスタボ・イグナシオ・セラーノ・レイエス Chile Limpio. Vote Feliz PRI 1310 0.93
フェルナンド・ムノス・フィゲロア Nueva Mayoría para Chile チリのヒューマニスト党 1106 0.78

2013年の議会選挙[編集]

  • 2013年国会議員選挙、上院第8区(サンティアゴ・オリエンテ)議員候補 [55]
候補者 政党連合 政党 得票数 得票率(%) 結果
マヌエル・ホセ・オサンドン・イララザバル チリのための同盟 国民革新党 (チリ) 315 320 24.43 上院議員
ローレンス・ゴルボルン・リベロス チリのための同盟 ILJ 293 517 22.74
カルロス・モンテス・シスターナス 新多数派 チリ社会党 278 420 21.57 上院議員
ソレダド・アルベアール・バレンズエラ 新多数派 キリスト教民主党_(チリ) 261 963 20.29
ホセ・カレノ・フレイレ Si tú quieres, Chile cambia ILI 42 624 3.30
フアン・ギレルモ・オッサ・ラガリーグ チリのヒューマニスト党 チリのヒューマニスト党 24 391 1.88
ルイスマリアーノレンドンエスコバル Nueva Constitución para Chile ILH 21 466 1.66
イバン・カラスコ・モラ Nueva Constitución para Chile Partido Igualdad 20 661 1.60
エステバン・シルバ・クアドラ Si tú quieres, Chile cambia ILI 19 270 1.49
パトリシオ・グスマン・シンコビッチ チリのヒューマニスト党 チリのヒューマニスト党 12 946 1.00

参考文献[編集]

  1. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 url は必須です。Montes Cisternas, Carlos Eduardo (26 de abril de 2015). “[{{{url}}} Certificado de Nacimiento]”. Registro Civil de Chile. 26 de abril de 2015閲覧。
  2. ^ Carlos Montes será el ministro de mayor edad en el gabinete de Boric”. Radio Biobío (21 de enero de 2022). 23 de enero de 2022閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Reseñas biográficas parlamentarias; Carlos Montes Cisternas”. Biblioteca del Congreso Nacional de Chile (2021年). 13 de diciembre de 2021閲覧。
  4. ^ a b c d Senado - República de Chile - Currículum Senador Carlos Montes Cisternas” (スペイン語). www.senado.cl. 23 de mayo de 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。23 de mayo de 2018閲覧。
  5. ^ Anales de la República; Carlos Montes Cisternas”. www.anales.cl (s/f). 29 de abril de 2022閲覧。
  6. ^ Genealogía Chilena en Red; Teresa Ureta Echazarreta”. www.genealogiachilenaenred.cl (s/f). 29 he abril de 2022閲覧。
  7. ^ Reseñas biografícas parlamentarias; Arturo Ureta Echazarreta”. Biblioteca del Congreso Nacional de Chile (s/f). 27 de abril de 2022閲覧。
  8. ^ a b Biografía del senador Carlos Montes”. www.carlosmontes.cl (2021年). 16 de diciembre de 2021閲覧。
  9. ^ Carlos Montes critica nombramiento de su hijo en investigación Penta-SQM”. www.radio.uchile.cl (21 de febrero de 2015). 13 de diciembre de 2021閲覧。
  10. ^ Conoce a los 24 ministros del nuevo gobierno”. La Tercera (21 de enero de 2022). 21 de enero de 2022閲覧。
  11. ^ Testimonio de Carlos Montes”. Memoria Viva (s/f). 13 de diciembre de 2021閲覧。
  12. ^ Ministerio Secretaría General de la Presidencia (8 de octubre de 2000). “Decreto N° 176, Secretaría General de la Presidencia, Crea Comisión Asesora Presidencial para el Bicentenario de la República de Chile”. Biblioteca del Congreso Nacional de Chile. 13 de diciembre de 2021閲覧。
  13. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  14. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  15. ^ a b Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  16. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  17. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  18. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  19. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  20. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  21. ^ “Carlos Montes, Iván Fuentes y Camila Vallejo: Algunos de los ocho candidatos al Parlamento que apoyará Revolución Democrática”. (29 de julio de 2013). http://www.latercera.com/noticia/politica/2013/07/674-535284-9-carlos-montes-ivan-fuentes-y-camila-vallejo-algunos-de-los-ocho-candidatos-al.shtml 19 de noviembre de 2013閲覧。 
  22. ^ Carlos Montes da la sorpresa en Santiago Oriente y deja a la DC sin Soledad Alvear”. PULSO (17 de noviembre de 2013). 10 de junio de 2015時点のオリジナルよりアーカイブ。19 de noviembre de 2013閲覧。
  23. ^ La socialista María Elena Carrera llegó al Senado en 1994 por el cupo de Santiago Oriente para reemplazar a su compañero de lista, el DC Eduardo Frei Ruiz-Tagle, que fue elegido como Presidente de la República.
  24. ^ a b Senado República de Chile - Senadores” (スペイン語). www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  25. ^ Carlos Montes SENADOR” (スペイン語). www.carlosmontes.cl. 25 de mayo de 2018閲覧。
  26. ^ a b c Senado - República de Chile - Institución” (スペイン語). www.senado.cl. 28 de mayo de 2018閲覧。
  27. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  28. ^ Historia de La Ley::Historia de la Ley” (スペイン語). www.bcn.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  29. ^ Senado - Tramitación de proyectos”. www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  30. ^ “LEY-20930 25-JUN-2016 MINISTERIO DEL MEDIO AMBIENTE - Ley Chile - Biblioteca del Congreso Nacional” (英語). Ley Chile - Biblioteca del Congreso Nacional. (25 de junio de 2016). https://www.leychile.cl/Navegar?idLey=20930&tipoVersion=0 23 de mayo de 2018閲覧。 
  31. ^ a b Senado - República de Chile - Institución” (スペイン語). www.senado.cl. 28 de mayo de 2018閲覧。
  32. ^ 13, Tele. “La desafección con La Moneda que acusan senadores PS y PPD” (スペイン語). https://www.facebook.com/teletrece. 25 de mayo de 2018閲覧。
  33. ^ “Parlamentarios de la Nueva Mayoría preparan proyecto para despenalizar autocultivo de marihuana” (スペイン語). Publimetro Chile. https://www.publimetro.cl/cl/politica/2014/05/06/parlamentarios-nueva-mayoria-preparan-proyecto-despenalizar-autocultivo-marihuana-2.html 25 de mayo de 2018閲覧。 
  34. ^ Senado - República de Chile - Institución” (スペイン語). www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  35. ^ Senado - República de Chile - Institución” (スペイン語). www.senado.cl. 23 de mayo de 2018閲覧。
  36. ^ Cooperativa.cl. “Controversia ante el posible retiro de facultades sancionatorias del nuevo Sernac - Cooperativa.cl” (スペイン語). Cooperativa.cl. http://www.cooperativa.cl/noticias/pais/consumidores/sernac/controversia-ante-el-posible-retiro-de-facultades-sancionatorias-del/2017-12-11/100448.html 25 de mayo de 2018閲覧。 
  37. ^ Senado - República de Chile - Institución” (スペイン語). www.senado.cl. 25 de mayo de 2018閲覧。
  38. ^ VIDEO: Piñera y el “novato” Montes: traspié durante traspaso de la banda presidencial en el Cambio de Mando”. El Dínamo (11 de marzo de 2018). 16 de marzo de 2018閲覧。
  39. ^ “Carlos Montes presidente del Senado: “Bachelet va a ser fundamental para el futuro del socialismo y la centroizquierda”” (スペイン語). La Tercera. (12 de marzo de 2018). http://www.latercera.com/politica/noticia/carlos-montes-presidente-del-senado-bachelet-va-fundamental-futuro-del-socialismo-la-centroizquierda/95800/ 25 de mayo de 2018閲覧。 
  40. ^ Senado - República de Chile - ACTUALIZACIÓN DE PROTOCOLOS SOBRE ACOSO SEXUAL” (スペイン語). www.senado.cl. 23 de mayo de 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。23 de mayo de 2018閲覧。
  41. ^ Senado - República de Chile - Espero que en las próximas semanas podamos promover un diálogo amplio y abierto acerca de estas materias” (スペイン語). www.senado.cl. 26 de mayo de 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。25 de mayo de 2018閲覧。
  42. ^ Senado - República de Chile - Acoso sexual, equidad de género y sexismo: ¿qué hay detrás de las protestas y tomas universitarias?” (スペイン語). www.senado.cl. 26 de mayo de 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。25 de mayo de 2018閲覧。
  43. ^ Template:Cita noticia
  44. ^ “Montes y Fernández en el CEP: Cómo se gestan las conversaciones para el debate constitucional” (スペイン語). La Tercera. (10 de mayo de 2018). http://www.latercera.com/la-tercera-pm/noticia/montes-fernandez-cep-se-gesta-la-propuesta-transversal-reformar-la-constitucion/159541/ 25 de mayo de 2018閲覧。 
  45. ^ Carlos Montes SENADOR”. www.carlosmontes.cl. 25 de mayo de 2018閲覧。
  46. ^ Senado - República de Chile - Los representantes de los 3 poderes del Estado conversan en directo con estudiantes” (スペイン語). www.senado.cl. 26 de mayo de 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。25 de mayo de 2018閲覧。
  47. ^ Quién es Carlos Montes, el nuevo ministro de Vivienda y Urbanismo de Gabriel Boric”. La Tercera (23 de enero de 2022). 21 de enero de 2022閲覧。
  48. ^ Gabinete del presidente Gabriel Boric asume oficialmente sus cargos”. Biobio Chile (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  49. ^ Elecciones.gov.cl Votación Candidatos por comuna de La Florida, diputados 1989
  50. ^ Elecciones.gov.cl Votación Candidatos por comuna de La Florida, diputados 1993
  51. ^ Elecciones.gov.cl Votación Candidatos por comuna de La Florida, diputados 1997
  52. ^ Elecciones.gov.cl Votación Candidatos por comuna de La Florida, diputados 2001
  53. ^ Elecciones.gov.cl Votación Candidatos por comuna de La Florida, diputados 2005
  54. ^ Votación Candidatos por Distrito 26”. Sitio histórico electoral. 2 de septiembre de 2011時点のオリジナルよりアーカイブ。17 de julio de 2011閲覧。
  55. ^ [リンク切れ]エラー: タグの中に無用な文字が含まれていないかを確認してください。貼り付け年月は「date=yyyy年m月」、チップテキストに表示する文字列は「title=文字列」と指定してください。 Senadores 2013, en Eleccionservel.cl

外部リンク[編集]