カルロス・ペレス (捕手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルロス・ペレス
Carlos Pérez
ロサンゼルス・エンゼルス #58
Carlos Pérez on May 17, 2015.jpg
2015年5月17日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラボボ州バレンシア
生年月日 (1990-10-27) 1990年10月27日(27歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてトロント・ブルージェイズと契約
初出場 2015年5月5日 シアトル・マリナーズ
年俸 $513,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

カルロス・エドゥアルド・ペレスCarlos Eduardo Pérez1990年10月27日 - )は、ベネズエラカラボボ州バレンシア出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、MLBロサンゼルス・エンゼルスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ傘下時代[編集]

2008年トロント・ブルージェイズと契約を結び[2]、プロ入りを果たした。同年は、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ブルージェイズでプレーした。58試合に出場し、打率306、0本塁打、29打点、60安打を記録した[3]

2009年6月23日にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズへ異動した[3]。43試合に出場し、打率.291・1本塁打・21打点・41安打を記録した[3]

2010年6月18日にA-級オーバーン・ダブルデイズへ異動した[3]。66試合に出場し、打率.298・2本塁打・41打点・70安打を記録した[3]

2011年4月2日にA級ランシング・ラグナッツへ異動した[3]。95試合に出場し、打率.256・3本塁打・41打点・98安打を記録した[3]

オフの12月8日に母国ベネズエラのウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルレオネス・デル・カラカスに参加した[3]。ここでは、2試合に出場した[4]

2012年は、まず前年同様にA級ランシングでプレーした。ここでは、71試合に出場し、打率.275・5本塁打・40打点・75安打を記録した[3]

アストロズ傘下時代[編集]

2012年7月20日トレードヒューストン・アストロズへ移籍した[5]

移籍後は、傘下のA+級ランカスター・ジェットホークスでプレーした。ここでは、26試合に出場し、打率.318・0本塁打・10打点・28安打を記録した[3]

2013年4月1日にAA級コーパスクリスティ・フックスへ昇格した[3]。ここでは、16試合に出場し、打率.286・1本塁打・5打点・15安打を記録した[3]5月1日にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ昇格した[3]。ここでは、75試合に出場し、打率.269・2本塁打・32打点・71安打を記録した[3]

オフの10月9日にレオネス・デル・カラカスに参加した[3]。20試合に出場し、打率.271・0本塁打・8打点・16安打を記録した[4]

2014年は、前年同様にAAA級オクラホマシティでプレーした。88試合に出場し、打率.259・6本塁打・34打点・78安打を記録した[3]

オフには、レオネス・デル・カラカスに参加した。41試合に出場し、打率.329・4本塁打・24打点・48安打を記録した[4]

また、11月3日40人枠に登録された[6]

エンゼルス時代[編集]

2014年11月5日ハンク・コンガーとのトレードで、ニック・トロピアーノと共にロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[7]

2015年4月4日に傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズへ異動した[3]。ここでは、17試合に出場し、打率.361・2本塁打・12打点・26安打を記録した[3]5月4日にメジャーに初昇格し[8]、翌5日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビューを果たし、ドミニク・レオンから史上4人目[9]となるサヨナラ本塁打を記録している[10]。以後、コンスタントに出番を得てルーキーイヤーながら86試合に出場。打率.250・4本塁打・21打点・2盗塁という打撃成績をマークした[要出典]。守備面では、80試合でキャッチャー守備に就いて5失策守備率.992・DRS0・盗塁阻止率38%という安定した成績を残した[要出典]

2016年、正捕手に近い位置付けで起用され、前年とほぼ同等の87試合に出場。打撃では、打率.209・5本塁打・31打点という成績を記録した。守備では、82試合で3失策・守備率.995・DRS + 8・盗塁阻止率38%という成績を残した。

2017年9月1日にノーラン・フォンタナジェイソン・ガーカフェルナンド・サラスノエ・ラミレスと共にセプテンバー・コールアップでメジャーに昇格した[11]

プレースタイル[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 LAA 86 283 260 20 65 13 0 4 90 21 2 0 2 2 19 0 0 49 7 .250 .299 .346 .645
2016 87 291 268 25 56 16 0 5 87 31 1 0 8 2 12 0 1 49 6 .209 .244 .325 .568
2017 11 21 20 1 2 0 0 1 5 3 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .100 .143 .250 .393
MLB:3年 184 595 548 46 123 29 0 10 182 55 3 0 10 4 32 0 1 104 13 .224 .267 .332 .599
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 58 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Carlos Perez Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ Toronto Blue Jays catching prospect Carlos Perez has bright future”. MLive.com. 2014年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Carlos Perez stats MiLB.com (英語)
  4. ^ a b c CARLOS PEREZ (C) Venezuelan Professional Baseball League (スペイン語)
  5. ^ Astros make 10 player trade with Toronto MLB.com (英語) (2012年7月20日) 2015年9月4日閲覧
  6. ^ Astros claim RHP Will Harris from Arizona Perez selected to 40-man roster; Zeid activated from 60-day DL; Cisnero outrighted MLB.com (英語) (2014年11月3日) 2015年9月4日閲覧
  7. ^ Astros acquire Conger from Angels MLB.com (英語) (2014年11月5日) 2015年9月4日閲覧
  8. ^ Transactions May 2015 MLB.com (英語) (2015年5月4日) 2015年9月4日閲覧
  9. ^ 過去の3人はBilly Parker (baseball)(1971年)、ジョシュ・バード(2002年)、ミゲル・カブレラ(2003年)
  10. ^ Perez-idential! Debuting rookie swats walk-off MLB.com (英語) (2015年5月5日) 2015年9月4日閲覧
  11. ^ Angels' new-look lineup impresses vs. Rangers MLB.cm (英語) (2017年9月2日) 2017年9月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]