カルロス・セイシャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・セイシャス

カルロス・デ・セイシャスあるいはカルロス・セイシャスJose Antonio Carlos de Seixas, 1704年6月11日 コインブラ - 1742年8月25日 リスボン)はポルトガル作曲家

教会オルガニストのフランシスコ・ヴァズの息子。1718年、14歳のとき、父親の後任オルガニストとしてリスボンに移り、同地でドメニコ・スカルラッティチェンバロを学ぶ。その後に宮廷礼拝堂のオルガニストならびに宮廷作曲家に就任。1738年ジョアン5世より騎士の称号を得る。

セイシャスの作品のほとんどは、1755年リスボン大地震により失われたため、3つの管弦楽曲と、約100曲のチェンバロ・ソナタに加えて、一握りの典礼音楽が残されたにすぎない。セイシャスの典礼音楽は、器楽曲とくらべると、より保守的に書かれている。

外部リンク[編集]