カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサリナス第二姓(母方の)はデ・ゴルタリです。
カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ
Carlos Salinas de Gortari
Carlos Salinas.jpg

任期 1988年1994年

出生 (1948-04-03) 1948年4月3日(70歳)
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
政党 PRI
配偶者 Cecilia Ocelli

カルロス・サリナス・デ・ゴルタリCarlos Salinas de Gortari, 1948年4月3日 - )は、メキシコ政治家。元メキシコ大統領

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

メキシコのエコノミスト及び官僚のラウル・サリナス・ロザノを父に、元通産大臣の娘のマルガリータの元に生まれた。メキシコ国立自治大学を卒業後に、アメリカハーバード大学留学し、修士号及び博士号を取得した。

政治遍歴[編集]

帰国後にメキシコ自治大学教授を務めた後、1982年から1987年にかけて、ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタード政権で予算企画大臣を務めた。

大統領[編集]

当選[編集]

1988年に行われた大統領選挙では、長年与党の地位を占めてきたPRI選出の大統領候補として、汚職追放を推し進めることを公約したことなどから「改革派」として保守派以外からの幅広い層からも高い支持を受け、同じく高い人気を誇ったクアウテモク・カルデナス・ソロルサノらを破り当選した。

政策[編集]

NAFTA調印式に参席したカルロス・サリナス(左後/1992年)

在任中は経済自由化政策を推し進め、北米自由貿易協定(NAFTA)の実現に向けて尽力した他、アジア太平洋経済協力(APEC)に加盟した。また、長年断絶していたバチカンとの国交を回復した。

北米自由貿易協定が締結された1992年には、長年の懸案であった憲法の改正を実現した。さらに貧困対策を行ってメディアを通じて実績をアピールしたことで、支持率が下落傾向にあったPRIの勢いを一時期取り戻すことに成功した。

歴代メキシコ大統領の中でも有数の知日派として知られ、大統領在任中前より子弟をメキシコ市内の日本人学校日墨学院のメキシコ部(スペイン語部)に通学させていた他、在任中特に北米自由貿易協定の調印前後は日本企業のメキシコ市場進出の援助を推し進めた。

しかし政権末期には、NAFTAに反発し武力蜂起したゲリラ組織であるサパティスタ民族解放軍に代表される、先住民や貧困層の不満への対応に追われ、またPRIから後任の大統領候補に指名されていたルイス・ドナルド・コロシオ候補の暗殺に関与したのではないかという疑惑や、海外への不正蓄財の疑惑が浮上しその支持が急低下した。

辞任[編集]

さらに後述の兄弟との関係が国内外のマスコミや野党による追及を受けたこともあり、支持率の急低下を受けて1994年に辞任し、エルネスト・セディージョにその座を譲った。なお、これらの疑惑のいくつかはPRI内の政争に伴う濡れ衣であるという説もある。

亡命[編集]

大統領辞任後の1995年1月には、PRIのライバルである民主革命党(PRD)が、サリナスを国家への背信や不法蓄財などの罪で連邦検察庁に告発した上、実のラウル・サリナスが麻薬取引に関与して逮捕されたことを受け、同年3月にはアメリカに出国し事実上亡命した。

亡命後はアメリカやカナダキューバアイルランドなどを転々としていたものの、2000年11月には自著の宣伝のためにメキシコに帰国している。なお、ラウル・サリナスはその後、公金横領や公文書偽造の他、PRIのルイス・マシェ幹事長の殺人事件に関わったとして27年の刑を宣告されたが、その後2005年に取り消され釈放されている。

現在[編集]

2004年12月には、メキシコ最大の麻薬カルテルの「ガルフ・カルテル」と緊密な関係にあったと噂されていた末弟のエンリケ・サリナスが、他の麻薬カルテルによって暗殺されている。現在はメキシコに帰国できる状態にあるが、アイルランドのダブリンに在住している。

関連項目[編集]


公職
先代:
ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタード
メキシコの旗 メキシコ合衆国大統領
1988 - 1994
次代:
エルネスト・セディージョ
党職
先代:
ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタード
制度的革命党大統領選候補者
1988
次代:
ルイス・ドナルド・コロシオ
(暗殺により出馬せず)