カルマト派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルマト派 (アラビア語: قرامطة‎) は、9世紀末から11世紀にかけて活動した、イスラーム教シーア派イスマーイール派の一分派。アッバース朝に対する反乱を起こし、アハサーを中心として独立勢力を築いた。

930年にはアブー・ターヒル・アル=ジャンナービー率いるカルマト派が聖地マッカを占拠し[1]黒石を持ち去りザムザムの泉を死体で汚すなどの事件を起こしてイスラーム世界を震撼させた[2]。その後もアッバース朝やファーティマ朝を脅かしたが、11世紀半ばに滅亡した。

名称[編集]

「カルマト派」という名称の由来はよくわかっていない[3]。カルマト派を創設したというハムダーン・カルマトという人物に由来するとする文献もある[4][5]が、この名は単なるエポニムであるという説もある。アラビア語の「カルマト」は、おそらくアラム語の「短足の」「赤目の」「秘密の教師」などの言葉に由来している[6][7][8]

906年か907年に説教師のアブー・ハティムが動物の殺害とネギなどの野菜の接種を禁ずるよう説いたことから、南イラクのカルマト派は「青物商」(al-Baqliyyah) ともあだ名された。ただ、彼の教えが存続したのかどうかは定かでない[9]

歴史[編集]

草創期[編集]

アッバース朝の時代 (750年–1258年)、様々なシーア派の派閥が反体制秘密結社のような形で登場した。その中にはイスマーイール派の原型となるような集団もあり、特に抜きんでていた一団はムバーラキッヤーと呼ばれた。

イスマーイール派の主張によれば、イマームジャアファル・サーディク (702年–765年)は次男のイスマーイール・イブン・ジャアファル (721年頃–755年)を後継者としていたが、彼は父より先に死んでしまった。イスマーイール・イブン・ジャアファルは死んだのではなく姿を隠したのだとする派閥も存在するが、イスマーイール派は彼の死を受け入れ、イスマーイール・イブン・ジャアファルの長男ムハンマド・イブン・イスマーイール (746年–813年)をイマームと認めた。ムハンマドはクーファを中心に活動するムバーラキッヤーとも連携をとっていた。

813年頃にムハンマド・イブン・イスマーイールが死去したのを機に、ムバーラキッヤーは分裂した。多数派は彼の死を認めず、マフディーであるとした。一方彼の死を受け入れた少数派は、後にイスマーイール派国家ファーティマ朝に合流した。現在に残るイスマーイール諸派は、すべてファーティマ朝の流れをくんでいる。

一方で、多数派はサラミーヤ(現シリア西部)を拠点とし、イラン南西部のフーゼスターンで伝道に成功した。874年、ここでアル=フサイン・アル=アフワージーという指導者の教えを受けて、クーファ出身のハムダーンという者が改宗し、派の名をとってカルマトと名乗った。カルマトと義兄弟のアブダーンは、マフディーの到来に備えて、南イラクに軍事的・宗教的なマフディーの拠点を作る準備を始めた。彼らは東アラビア(899年)や北アフリカでも同様の活動を始め、その実践主義的・救世主的な行動が多くのシーア派の人々を惹きつけた。このカルマト派の前身となる運動は、イランやマー・ワラー・アンナフルにまで広がった。

カルマト派の反乱[編集]

899年、サラミーヤで政変が起こり、イスマーイール派は再び分裂を起こした。サラミーヤの中心部を掌握したイスマーイール派の少数派の指導者が、ムハンマド・イブン・イスマーイールはすでに死んでいて、サラミーヤの今の指導者こそが再び姿を現した正当なイマームの後継者であるという主張を展開し始めた。カルマトとアブダーンはこれに公然と反対し、サラミーヤ政権との関係は決裂した。アブダーンは暗殺され、カルマトはいったん身を隠したが、後悔して主張を改め、ファーティマ家のウバイドゥッラー・アッマフディ・ビッラー (873年–934年)がイマームであるという教えを伝道するようになった。ウバイドゥッラーは909年に北アフリカでファーティマ朝を建国することになる。

しかしカルマトが転向したあとも、かつての彼の支持者たちはカルマト派を名乗って活動を続けた。彼らの最大の拠点はバーレーンであった。この時代のバーレーンは現代のバーレーン王国が存在するバーレーン島のみならず、東アラビアの広大な領域を指していた。9世紀末まではアッバース朝の統治下にあったが、バスラで発生したザンジュの乱により、バグダードからの統制力は弱まっていた。アブー・サイード・アル=ジャンナービー率いるカルマト派は899年にバハレーンの主要都市ハイルとアハサーを占領し、理想国家の建設を目指した。

カルマト派は、ある学者が「恐怖の世紀」と呼んだような混乱をクーファで引き起こした[10]。彼らはマッカ巡礼を迷信の類と考えていたため、バーレーンを拠点としてアラビア半島中の巡礼路を襲った。906年にはマッカから帰る途中の巡礼団を襲い、2万人の巡礼者を虐殺した[11]

アブー・ターヒル・アル=ジャンナービー (在位: 923年–944年)の時代、カルマト派は927年にバグダードを襲い、930年にマッカとマディーナを占領した。この二大聖地を占拠した彼らは、ザムザムの泉ハッジ巡礼者の死体を投げ込んで冒涜し、黒石をアハサーへ持ち去った[12][13]。これは身代金を目的とした行動で、アッバース朝は952年に莫大な金を支払って黒石を取り戻した[14]

パレスティナを占領したカルマト派が鋳造したディナール金貨。970年代

カルマト派の反乱と聖地の冒涜は、イスラーム世界を震撼させるとともに、アッバース朝の権威を地に墜とすことになった。アッバース朝はほとんど彼らに対応することができず、カルマト派は10世紀の大部分にわたりペルシア湾および中東最強の勢力であり続け、通商の要地であるオマーン海岸地帯を支配し、バグダードのアッバース朝カリフカイロファーティマ朝イマーム(カルマト派はその正統性を認めていない)から貢納金をせしめていた。

カルマト派の社会[編集]

Yitzhak Nakashによれば、カルマト派の領域では膨大な数の奴隷に支えられた豊かな経済が展開していた。

カルマト派国家は諸島やアハサー、カティーフから得られる莫大な果物や穀物を有していた。1051年にアハサーを訪れたナースィル・ホスローは、これらの土地は3万人ほどのエチオピア人奴隷が耕作していたと記録している。また彼によれば、アハサーの人々は税を免除されていた。貧者や債務者は、自らの身辺整理をするときまで金を借りていることができた。利子をとられることはなく、あらゆる業務において代用硬貨が用いられていた。カルマト派国家は強力かつ長続きする遺産をのこした。それは、920年頃にカルマト派の指導者が発行したタウラと呼ばれる硬貨が、20世紀初頭に至るまでアハサーで流通していたことからも分かる[15]

崩壊[編集]

976年、カルマト派はアッバース朝に敗れて内向的になり、力を失っていった。これにより彼らはこの地域で十分な貢納金を集めることができなくなった。アラビア史家のCurtis Larsenは、次のように述べている。

貢納金の支払いがどんどん切り詰められていくにつれて、イラクの新しい政府(セルジューク朝)やライバルのアラブ諸部族によって、カルマト派国家は一地域勢力へと沈んだ。バーレーン諸島は1058年にAbu al-Bahlul al-Awwamによって正統イスラームに回帰した。同時期に同様の反乱がカティーフで起き、カルマト派の支配が覆された。外国からの収入や海岸支配を失ったカルマト派はフフーフオアシスにある城塞へと撤退した。最終的に彼らの王朝は、1067年に最後の一撃を受けた。アブドゥッラー・ビン・アリ・アル=ウユーニーと彼を支援するためイラクから来たセルジューク軍の連合軍が7年にわたってフフーフを包囲し、ついにカルマト派を降伏させたのである[16]

バーレーンと東アラビアのカルマト派国家はウユーニー朝に取って代わられ、イラクやイラン、マー・ワラー・アンナフルのカルマト派コミュニティも11世紀半ばまでにファーティマ家支持へ改宗するか、消滅したと考えられている[17]。同時代人として最後にカルマト派に言及したのは1050年にカルマト派国家を訪れたナースィル・ホスローである[18]が、1331年にカティーフを訪れたイブン・バットゥータは、住民のアラブ人が「イスラーム極端派」(rafidhiyya ghulat)を名乗っていたと記録している[19]。アメリカのアラビア史家フアン・コールは、この呼び方は14世紀のスンナ派がイスマーイール派を指して用いていたものだとしている[20]

7イマーム[編集]

カルマト派の主張では、イマームの数は神が定めた「7」という数字で固定されている(七イマーム派)。この立場に立つ者は7番目のイマームであるムハンマド・イブン・イスマーイールを預言者(ラスール)、イマーム・アル=カーイム、マフディーであるとし、彼は死んだのではなく一時的に隠れている(ガイバ)のだと考える[21]

名前 在位
1 アリー・イブン・アビー・ターリブ[22]

イマーム
(632年–661年)
2 ハサン・イブン・アリー (661年–669年)
3 フサイン・イブン・アリー (669年–680年)
4 アリー・ザイヌルアービディーン (680年–713年)
5 ムハンマド・バーキル (713年–733年)
6 ジャアファル・サーディク (733年–765年)
7 ムハンマド・イブン・イスマーイール[22][21]

イマーム、カーイム、マフディーラスール (Rasūl)
(775年-813年)

カルマト派が否認したイスマーイール派イマーム[編集]

カルマト派はムハンマド・イブン・イスマーイール以後のファーティマ朝に至るイスマーイール派イマームを認めなかった[23]

カルマト派の東アラビア支配者[編集]

アブー・ヤクブ・ユースフの子孫は1077年まで統治を続けた。

脚注[編集]

  1. ^ Mecca's History, from Encyclopædia Britannica.
  2. ^ Glassé, Cyril. 2008. The New Encyclopedia of Islam. Walnut Creek CA: AltaMira Press p. 369
  3. ^ Akbar, Faiza. "The secular roots of religious dissidence in early Islam: the case of the Qaramita of Sawad Al‐Kūfa", Journal Institute of Muslim Minority Affairs, 12.2 (1991): 376-390.
  4. ^ Madelung. “ḤAMDĀN QARMAṬ”. Encyclopædia Iranica. 2016年4月24日閲覧。
  5. ^ Madelung 1978.
  6. ^ Seta B. Dadoyan (23 September 2013). The Armenians in the Medieval Islamic World, Volume Three: Medieval Cosmopolitanism and Images of Islam. Transaction Publishers. p. 36. ISBN 978-1-4128-5189-3. https://books.google.com/books?id=7SVbAQAAQBAJ&pg=PA36. 
  7. ^ Daftary 1990, p. 116.
  8. ^ Heinz Halm (1996). Der Nahe und Mittlere Osten. BRILL. p. 27. ISBN 978-90-04-10056-5. https://books.google.com/books?id=usUjj9OV9l0C&pg=PA27. 
  9. ^ Madelung 1996, p. 71.
  10. ^ Al-Jubūrī, I M N (2004), History of Islamic Philosophy, Authors Online Ltd, p. 172 
  11. ^ John Joseph Saunders, A History of Medieval Islam, Routledge 1978 p. 130
  12. ^ Houari Touati, Islam and Travel in the Middle Ages, transl. Lydia G. Cochrane, (University of Chicago Press, 2010), 60.
  13. ^ The Qarmatians in Bahrain, Ismaili Net
  14. ^ Qarmatiyyah”. Overview of World Religions. St. Martin's College. 2007年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月4日閲覧。
  15. ^ Yitzhak Nakash, Reaching for Power: The Shi'a in the Modern Arab World, Princeton 2007, page 24.
  16. ^ Larsen, Curtis E (1984), Life and Land Use on the Bahrain Islands: The Geoarchaeology of an Ancient Society, University Of Chicago Press, p. 65 
  17. ^ Farhad Daftary, The Assassin Legends: Myths of the Isma'ilis, IB Tauris, 1994, p20
  18. ^ PD-icon.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
  19. ^ Ibn Battuta (1964), Rihla ibn Battuta, Dar Sadir, pp. 279–80 
  20. ^ Cole, Juan (2007), Sacred Space and Holy War, IB Tauris 
  21. ^ a b Muhammad ibn Isma'il (158-197/775-813)
  22. ^ a b Daftary 1990, p. 97.
  23. ^ Encyclopedia Iranica, "ʿABDALLĀH B. MAYMŪN AL-QADDĀḤ"
  24. ^ http://ismaili.net/histoire/history05/history510.html

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]