カルビーポテト (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルビーポテト 株式会社
Calbee Potato,Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
089-1184
北海道帯広市別府町零号31-4
北緯42度50分39秒 東経143度07分54秒 / 北緯42.84417度 東経143.13167度 / 42.84417; 143.13167座標: 北緯42度50分39秒 東経143度07分54秒 / 北緯42.84417度 東経143.13167度 / 42.84417; 143.13167
設立 1980年10月15日
業種 卸売業
法人番号 2460101000421
事業内容 馬鈴薯およびその他の農産物の購入、貯蔵、物流、販売。 馬鈴薯加工およびその他の農産物加工品の商品開発、製造販売
代表者 中村一浩(代表取締役社長)
資本金 1,000万円
従業員数 436名(うち社員143名)
外部リンク https://www.calbee-potato.co.jp
テンプレートを表示

カルビーポテトCalbee Potato)は、北海道帯広市にある企業カルビーのグループ会社。

沿革[編集]

カルビーポテトは、カルビーが「ポテトチップス」の大ヒットにより全国各地で増産体制を整える中で、ジャガイモの安定供給を図るために原料部門を分離独立する形で設立した[1]

  • 1980年昭和55年):「カルビーポテト」設立。
  • 1984年(昭和59年):馬鈴薯輸送船「カルビーポテト丸」就航。
  • 1985年(昭和60年):十勝馬鈴薯研究所開設。
  • 1989年平成元年):小売用「マッシュポテト」販売開始。
  • 1990年(平成02年):「じゃがりこ」の原型を作る加工製法開発。
  • 1993年(平成05年):レストラン「アーダッポル」開店(2016年閉店)。
  • 1996年(平成08年):小売向け「青果用ジャガイモ」販売開始。
  • 1997年(平成09年):帯広工場操業開始[2]
  • 1999年(平成11年):本社を東京から帯広に移転。
  • 2001年(平成13年):「3連番地管理」導入。新収穫システム「SUP」稼働。
  • 2002年(平成14年):帯広工場が「ISO 9001」取得(2008年に全社取得)。
  • 2005年(平成17年):「植物防疫法」違反が発覚し、事件化する[3]
  • 2006年(平成18年):帯広工場で「jagabee」製造ライン稼働[4]

事業所[編集]

  • 本社・帯広工場 - 北海道帯広市別府町零号31-4
  • 芽室事務所 - 北海道河西郡芽室町東芽室南3線23
  • その他
    • 東京、宇都宮、岐阜、鹿児島各事務所
    • 馬鈴薯研究所
    • 北海道内15支所(馬鈴薯貯蔵庫併設)

商品[編集]

アクセス[編集]

  • 本社・帯広工場
  • 芽室事務所
    • とかち帯広空港(帯広空港)から車で約40分
    • 北海道旅客鉄道(JR北海道)帯広駅から車で約30分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カルビーポテトの歴史”. カルビーポテト. 2017年5月30日閲覧。
  2. ^ カルビーポテト帯広工場*25日操業開始”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1997年11月23日). 2017年5月31日閲覧。
  3. ^ “ハイライト2005”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2005年12月28日). http://www.tokachi.co.jp/kachi/jour/05highlight/20051228/03.htm 2017年5月31日閲覧。 
  4. ^ 新工場棟で操業開始*カルビーポテト*「ジャガビー」を生産*帯広”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2006年9月12日). 2017年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]