カルバラ第1号作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルバラ第1号作戦
戦争イラン・イラク戦争
年月日1986年6月30日7月4日
場所:イラン・イーラーム州
結果:イランの勝利
交戦勢力
Flag of Iraq (1963-1991); Flag of Syria (1963-1972).svg イラク  イラン
指導者・指揮官
不明 不明
戦力
少なくとも2個旅団 国軍
革命防衛隊
2個師団
約20,000
損害
戦死4,100
捕虜1,010
戦車65輌捕獲
不明
イラン・イラク戦争

カルバラ第1号作戦(カルバラだいいちごうさくせん)は、イラン・イラク戦争中、ヴァル・ファジュル作戦に変わる新しい攻勢作戦のことである。由来はシーア派聖地であるカルバラーであり、イラクの反宗教的なバアス党政権を打倒し、聖地の奪回を目的とした。

概要[編集]

5月におけるメヘラーンの戦いで同市を失陥したイラン軍は、奪回作戦を計画した。

攻撃[編集]

1986年6月30日深夜、イラン軍は2個師団をもって攻勢作戦を開始、翌7月1日1000時頃までにイラク軍2個旅団を撃破し、同市を奪回した。

7月3日、引き続いてイラク領内に侵攻し、7月4日1400時、国境の町バドラを占領しズルバーティーヤーを見下ろす高地4箇所も確保した。

これ以降、国境付近にてイラン軍よる小規模攻撃とイラク軍の防御という膠着状態が続くこととなる。

参考文献[編集]

  • 鳥井順『イランイラク戦争』(第三書館)
  • 松井茂『イラン-イラク戦争』(サンデーアート社)
  • ケネス・ポラック『ザ・パージアン・パズル 上巻』(小学館

関連項目[編集]