カルバペネム耐性腸内細菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カルバペネム耐性腸内細菌 (Carbapenem-resistant enterobacteriaceae, CRE)は、悪性感染症の治療の最終手段として使われることが多いカルバペネム系抗生物質イミペネムメロペネムなどやβ-ラクタム系抗生物質を分解する酵素カルバペネマーゼを産生する[1]腸内細菌科細菌の総称で、大腸菌肺炎桿菌など多くの菌が該当する[2]

概要[編集]

日本では、腸内細菌科細菌の耐性率は 1% 未満とされる[3]。通常は常在菌として存在している腸内細菌科の細菌であり健康な人の場合、CRE を保有していても何の症状も無く問題を起こさない。しかし、外科手術後の患者、抗生物質を長期間使用している患者、免疫力が低下している患者などで感染症を起こした時、抗生物質が効かず敗血症を起こし死亡する患者が多い事から問題となる可能性が指摘されている[4]

細菌同士の接合等により他の細菌にも薬剤耐性機構が伝達される[3][5]

発症と感染予防

CREが、膀胱血液などに到達した場合、感染症を引き起こす可能性がある。血流感染が起きると、最大で[6]患者の50%が命を落とすといわれている[5]

国内の医療機関(病院など)において感染が確認されているアメリカ合衆国では、疾病予防管理センター(CDC)が院内感染防止策として、「手洗いの励行」「カテーテルや人工呼吸器など医療器具の取扱いの注意」「感染患者の隔離」などを呼びかけている[5][6]

カルバペネマーゼ[編集]

CREが産生するカルバペネマーゼβ-ラクタム系抗生物質を加水分解する酵素のこと)は、これまで3つのグループが発見されている[1]

日本も含め世界中で発見
  • KPC (Klebsiella pneumoniae Carbapenemase) 型
主に米国や欧州。1996年に米国でカルバペネムに耐性を示す肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)から発見されたβ-ラクタマーゼ(β-Lactamase)。カルバペネムを含むすべてのβラクタム系抗菌薬に耐性を示し、プラスミドを介して他のグラム陰性桿菌に耐性情報が伝播される。
  • OXA-48型などの新型カルバペネマーゼ
主に欧州

関連法規[編集]

  • 感染症法の5類に分類され有症の感染者は全数報告される。

出典[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

酵素

外部リンク[編集]