カルノソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルノソール
識別情報
CAS登録番号 5957-80-2
PubChem 442009
ChemSpider 390568
特性
化学式 C20H26O4
モル質量 330.42 g/mol
精密質量 330.1831084 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カルノソール(Carnosol)は、ローズマリー(Rosmarinus officinalis)[1]サルビア・パキフィラ(Salvia pachyphylla)[2]等のハーブに含まれるフェノール性化合物である。

出典[編集]

  1. ^ Carnosol, an antioxidant in rosemary, suppresses inducible nitric oxide synthase through down-regulating nuclear factor-κB in mouse macrophages. Ai-Hsiang Lo, Yu-Chih Liang, Shoei-Yn Lin-Shiau, Chi-Tang Ho and Jen-Kun Lin, Carcinogenesis, 2002, 23 (6), pages 983-991, doi:10.1093/carcin/23.6.983
  2. ^ Ivan C. Guerrero, Lucia S. Andres, Leticia G. Leon, Ruben P. Machin, Jose M. Padron, Javier G. Luis, and Jose Delgadillo. Abietane Diterpenoids from Salvia pachyphylla and S. clevelandii with Cytotoxic Activity against Human Cancer Cell Lines. J. Nat. Prod. (2006) 69, 1803-1805