カルケドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルケドン
Chalcedon
Χαλκηδών
Byzantium - es(1).svg
カルケドン(Chalcedon)、ビュザンティオン(Bizantio)などを示したボスポラス海峡周辺地図(スペイン語)
座標 北緯40度59分28秒 東経29度01分34秒 / 北緯40.99111度 東経29.02611度 / 40.99111; 29.02611座標: 北緯40度59分28秒 東経29度01分34秒 / 北緯40.99111度 東経29.02611度 / 40.99111; 29.02611
15世紀後半のコンスタンティノープルの地図。右下がカルケドン。

カルケドンギリシア語: Χαλκηδώνラテン語: Chalcedon)は、アナトリア半島北西部に位置した古代都市である[1]。現在のトルコ共和国イスタンブールカドゥキョイトルコ語: Kadıköy)地区にあたる[1]

紀元前685年古代ギリシア都市国家メガラ植民地として建設された[1]ボスポラス海峡をはさんでビュザンティオンの対岸に位置し、アテナイスパルタとの間で領有を争われた[1]。のちアッタロス朝の支配下に入り、紀元前133年アッタロス3世死去に際し共和政ローマ遺贈され[1]ビテュニア属州の一部となった。451年キリスト教教義に関するカルケドン公会議が開かれ[1]カルケドン信条が定められた。

石英鉱物の一種玉髄英語名カルセドニー(chalcedony)は当地にちなむ[2]

脚注[編集]

ギリシア文字で「プロマチオンの息子マトリコンは54年の生涯を全うした」と記された大理石墓碑紀元前1世紀、カドゥキョイ出土、イスタンブール考古学博物館蔵。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f カルケドン Chalkēdōn”. ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. 2018年8月5日閲覧。
  2. ^ 松原聰. “玉髄 ぎょくずい chalcedony”. 日本大百科全書. 2018年8月5日閲覧。