カリンガ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリンガ戦争
カリンガ戦争の舞台
カリンガ戦争の戦地となったダヤー川流域
戦争:カリンガ戦争
年月日紀元前265年
場所インドカリンガ国
結果マガダ国マウリヤ朝軍の決定的勝利
カリンガ国マウリヤ朝に服属
交戦勢力
マガダ国マウリヤ朝 カリンガ国
指揮官
アショーカ王 ラーニ・パドマヴァティ英語版
ナンディデーヴァ
戦力
歩兵 60,000人
馬曳戦車 1,000台
戦象 700頭
不明
損害
不明 不明

カリンガ戦争(カリンガせんそう;サンスクリット語 कलिन्ग युध्धम्)は、古代インドにおいて、マガダ国マウリヤ朝アショーカ王が、カリンガ国を征服するために行った戦争。侵略されたカリンガ国(主に現在のオリッサ州)が戦地となった。

アショーカ王の祖父にあたるチャンドラグプタ王も、カリンガ国を征服する戦を起こしていたが、撃退されていた。父であるビンドゥサーラ王の死後の壮絶な後継者争いに勝利したのち、アショーカ王は、ラーニ・パドマヴァティ英語版(アナンタパドマナバ)王治下のカリンガ国併合へと動いた。アショーカ王の治世9年目に、戦争が始まった。

ダウリ山英語版周辺が戦場となったと考えられている。ダウリ山は、カリンガ国の首都ブヴァネーシュヴァラから南に 8 km ほどのところにあり、ダヤー川英語版の河畔に位置して、広い裾野を有している。頂上に向かう山道に沿った岩には、アショーカ王碑文英語版が刻まれている。

この戦争も凄惨を極め、戦場となったダヤー川の下流は、戦闘による人血によって真っ赤に染まったという。カリンガ国民は100,000人が死亡し、マウリヤ朝軍も10,000人の死者を出したとされる。戦後に刻まれたアショーカ王碑文によると、アショーカ王はこの戦いによって戦争の悲惨さを痛感したとされ、戦後に不殺生・不戦を誓い、より深く仏教に帰依した。

関連項目[編集]