カリフォルニア・ガールズ (ザ・ビーチ・ボーイズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリフォルニア・ガールズ
ザ・ビーチ・ボーイズシングル
初出アルバム『サマー・デイズ
B面 レット・ヒム・ラン・ワイルド
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1965年4月6日(ロサンゼルス、ユナイテッド・ウェスタン・レコーダーズ)
1965年6月4日(ロサンゼルス、CBSコロムビア・スクエア)
ジャンル ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ブライアン・ウィルソン
マイク・ラヴ
プロデュース ブライアン・ウィルソン
チャート最高順位
ザ・ビーチ・ボーイズ シングル 年表
ヘルプ・ミー・ロンダ
(1965年4月)
カリフォルニア・ガールズ
(1965年7月)
リトル・ガール・アイ・ワンス・ニュー
(1965年11月)
テンプレートを表示

カリフォルニア・ガールズ」(California Girls)は、ザ・ビーチ・ボーイズ1965年に発表した楽曲。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では72位にランクされている[2]

概要[編集]

作詞作曲はブライアン・ウィルソンマイク・ラヴバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のリズムから着想を得ていると言われ[3]、制作にあたってはドリフターズの「オン・ブロードウェイ」(1963年)の持つ空気や質感がウィルソンの頭にあったと言われている[4]

バッキング・トラックの録音は1965年4月6日、ロサンゼルスのユナイテッド・ウェスタン・レコーダーズで行われた。参加ミュージシャンはキャロル・ケイ(ベース)、ハル・ブレイン(ドラムズ)、ハワード・ロバーツ(ギター)、レオン・ラッセル(ピアノ)、アル・デ・ローリー(オルガン)、フランク・キャップ(ヴィブラフォン)、ビリー・ストレンジ(タンバリン)など[5]。ボーカルの録音は同年6月4日、ロサンゼルスのCBSコロムビア・スクエアで行われた。CBSコロムビアが導入したばかりの8トラック・レコーダーでリード・ボーカルやコーラスは録られ、ブルース・ジョンストンが初めてグループのレコーディングに参加した[3]。リード・ボーカルはマイク・ラヴが担当した。

1965年7月5日発売のアルバム『サマー・デイズ』に収録され、7月12日にシングルカットされた[1]。B面は「レット・ヒム・ラン・ワイルド」。ビルボード・Hot 100で3位、イギリスで26位、カナダで2位を記録した。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]