カリスマカンタロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かんだかんたろう
カリスマカンタロー (神田勘太朗)
生誕 (1979-12-13) 1979年12月13日(39歳)
日本の旗 日本 長崎県
出身校 明治大学
職業 実業家 / プロダンサー
肩書き 株式会社アノマリー代表取締役

カリスマカンタロー(本名:神田 勘太朗、12月13日 - )は、日本実業家ダンサー

株式会社アノマリー代表取締役

ストリートダンスソロバトル大会『DANCE ALIVE HERO'S[1]をプロデュース。

現在は多方面でプロデューサー・演出家として活動している。

略歴[編集]

長崎県出身。

長崎日大高校卒業。

明治大学法学部卒業。

母親がダンサーであることから幼い頃から「ダンサーとして世界を駆け巡りたい」と周囲に話していた。

2004年6月3日、明治大学在学中に有限会社アノマリー(現・株式会社アノマリー)を設立。

「日本一のイベントを作りそこで踊れば有名になれる」と考え、ダンサーとして活動しつつ、ダンスイベントを作り始める。

現在そのダンスイベント「DANCE ALIVE HERO'S」は両国国技館を埋め尽くす日本一のダンスイベントへ成長している。

近年は、ダンスを中心とした日本のストリートダンスコンテンツを海外に広く発信する為に主催の『DANCE ALIVEシリーズ(DANCE ALIVE HERO'S/DANCE ALIVE WORLD CUP)』をプロデュースし世界中で開催することを目指している。

ダンスがグローバル最強のコミュニケーションであることを謳っている。

人物[編集]

趣味は、ダンス、サッカー、アメリカンドリームの妄想。

幼少期は、母親がダンサーという影響でダンスミュージックを聴く毎日を過ごし、母親の発表会でダンスを踊る事をキッカケに自身もダンスを始める。上京後、ダンスを通して出来た仲間たちとハウスダンスチーム「Xyon」を結成(そのメンバーで数年後に現在の株式会社アノマリーを創ることになる)。JAPAN DANCE DELIGHTへの出場やTV番組 スーパーチャンプルへの出演など、ハウスダンスの普及に貢献した。

好きなスポーツはサッカー。

小学4年生の時に始めるがチームとの相性が悪く一度辞めている。中学から本格的に始め、プロサッカー選手を目指す中で、早稲田大学のサッカー部入部を強く希望し文系も理系も受験。日本史は偏差値80を超えるほどのマニアで、早稲田大学教育学部心理学科受験時の自己採点は50点満点中49点。しかし英語が2点の為不合格。その後、明治大学法学部に入学している。大学時代はサークルでやる程度で、浪人時代にプロは諦めている。いずれサッカーチームを運営したいと周りに話している。

イベントプロデュース[編集]

自社イベントから、受託イベントまで

メディアプロデュース案件[編集]

地上波およびウェブメディア

クリエイティブ総合プロデュース・キャスティング案件[編集]

自社映像事業受託コンテンツ
  • ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社[2]
  • 株式会社センチュリー21[3]
  • 株式会社吉野家[4]
  • 株式会社マルエス[5]
  • 株式会社アディダス[6]
  • 株式会社サイゲームス[7]
  • コクヨ株式会社[8]
  • 株式会社カネボウ[9]
  • 「新春生放送!年の初めはさだまさし」[10]

カリスマカンタローの由来[編集]

カリスマブームの時にみんなにカリスマと言われていたが、カリスマブームが去った時にあえてカンタローの前にカリスマをつけ始めた。と過去のインタビューで明かしている。また、結果としてダンス界では注目を浴びたが同時に出る杭は打たれるという事を身を以て体感することとなった。とも語っている。

関係ないが、幼少期に落雷をくらったことがあるらしい。

愛称[編集]

基本的には「カリスマ」か「カンタロー」と呼ばれる事が多い。親しい友人は「カンちゃん」と呼んでいる。

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]