カリコテリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリコテリウム
カリコテリウム
Chalicotherium
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
中新世 - 更新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 奇蹄目 Perissodactyla
: カリコテリウム科 Chalicotheriidae
: カリコテリウム属 Chalicotherium
学名
Chalicotherium
J. J. Kaup ,1833

カリコテリウムChalicotherium…小石の獣、を意味する)は新生代中新世から鮮新世にかけてユーラシアの各地に棲息していた奇蹄目の動物。

カリコテリウム骨格化石(パリ自然史博物館

全長2メートル、体高1.8メートルほど。体型はウマに似るが、の代わりに鉤爪を持つのが特徴。通常はこの爪を保護するようにナックル・ウォーキングで歩いていたと推測されている。前脚が後脚に比べ極端に長く、そのため下半身へかけて背中が著しく傾斜するのも特徴。

長い腕と鉤爪を駆使し、木の葉を枝から手繰り寄せて食べていたと推測される。前脚の鉤爪は外敵に対する防御の役割も果たしたかも知れない。

住環境としていた温暖な森林の規模が縮小したことを切っ掛けに、更新世を最後に絶滅したと考えられている。なお、アフリカで目撃例がある未確認動物の「ナンディベア」はカリコテリウムの生き残りである、とする説もある[要出典]