カリガネソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリガネソウ属
Caryopteris-incana.JPG
ダンギクの花
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : キランソウ亜科 Ajugoideae
: カリガネソウ属 Caryopteris
学名
Caryopteris Bunge

カリガネソウ属(雁草属、学名: Caryopteris英名: bluebeard)はシソ科に属する植物のの一つ。クロンキスト体系ではクマツヅラ科に属していた。東アジアからヒマラヤ山脈にかけての高地を中心に分布する。

直立または状に伸び、草丈1-4m前後に生長する草本である。は対生し、広卵形または披針形で、縁は全縁または鋸歯(ギザギザ)がある。芳香を持つ種が多い。

花は集散花序または密錐花序に付き、単独で咲くものは稀である。花弁は 5枚であることが多く(4ないし 6 枚もある)、花弁は青紫色または白色で、チョウハナバチなどによって受粉する。大きく広がって咲き、凹形で縁に飾りが付く。雄蕊は 4本で大きく突き出る。子房室は4つあり、通常は4つの種子が結実する [1]

数種が観賞用に栽培され、ハナシキブは園芸種が作出されている。

なお、『日本の野生植物 草本』(佐竹義輔 ほか編、平凡社、1981年)などでCaryopteris属の和名に用いられているカリガネソウCaryopteris divaricata Maxim.)は1999年にフィリップ・ダグラス・カンティーノ(Philip Douglas Cantino)らが発表した論文により、単型Tripora属に移されている[2]。これを受けてカリガネソウ属の名はTripora属にあて、Caryopteris属をダンギク属とする文献も見られる[3]

[編集]

次の記載されている。 [4] [5][6]

かつてCaryopteris属に分類されていた種[編集]

命名者がフィリップ・ダグラス・カンティーノ(P.D.Cantino)であるものは Cantino, Wagstaff & Olmstead (1998) の見直しにより他属へ移された種である。

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Caryopteris in Flora of China @ efloras.org
  2. ^ Cantino, Philip D.; Wagstaff, Steven J.; Olmstead, Richard G. (1998). Caryopteris (Lamiaceae) and the Conflict between Phylogenetic and Pragmatic Considerations in Botanical Nomenclature”. Systematic Botany 23 (3): 369–386. doi:10.2307/2419511. https://www.jstor.org/stable/2419511. 
  3. ^ 伊藤元己井鷺裕司『新しい植物分類体系 APGでみる日本の植物』文一総合出版、2018年、xix。ISBN 978-4-8299-6530-6
  4. ^ ITIS Standard Report Page: Caryopteris
  5. ^ Caryopteris in Annotated Checklist of the Flowering Plants of Nepal @ efloras.org
  6. ^ Govaerts, R. et al. (2020). World Checklist of Lamiaceae. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://wcsp.science.kew.org/ Retrieved 11 January 2020
  7. ^ Chun-Lei Xiang; Fei Zhao; Philip D. Cantino; Bryan T. Drew; Bo Li; En-De Liu; Douglas E. Soltis; Pamela S. Soltis et al. (2018). “Molecular systematics of Caryopteris (Lamiaceae) and its allies with reference to the molecular phylogeny of subfamily Ajugoideae”. Taxon 67 (2): 376–394. doi:10.12705/672.7. 

外部リンク[編集]