カラボソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラボソ

Calabozo
都市
Villa de Todos los Santos de Calabozo
Casastipicasclbz.jpg
Monumentoavieroncalbz.jpg
Represaatardecer.jpg
Plazabolivardclbz.JPG
Ganadocalbz.jpg
カラボソの公式印章
印章
カラボソの位置(ベネズエラ内)
カラボソ
カラボソ
カラボソの位置
座標:北緯8度56分 西経67度26分 / 北緯8.933度 西経67.433度 / 8.933; -67.433
ベネズエラの旗 ベネズエラ
グアリコ州
フランシスコ・デ・ミランダ郡
建設 1724年2月1日
面積
 • 合計 138km2
標高
101m
人口
 • 合計 146,300[1]。人
大聖堂

ビジャ・デ・トドス・ロス・サントス・デ・カラボソ (スペイン語: Villa de Todos los Santos de Calabozo) は、ベネズエラ内陸部の町で、植民地時代には当時のカラカス州の州都が置かれ、その後は、ミランダ州に属した時期を経て、グアリコ州の州都が置かれていた時期もあった。カトリック・カラボソ大司教区英語版の司教座が置かれている。

地理[編集]

カラボソは、グアリコ川英語版左岸の広大な平野の中に位置しており、標高は325フィート (99 m) と低く、カラカスから南南西に123マイル (198 km) 離れている。町の標高は、近傍の河川の会合部より標高がわずかに高いだけであり、雨季には雨季にはしばしば洪水が起こる。真夏の平均気温は27~28℃と涼しい。

近傍には、温泉が湧いている場所が複数ある。住民の主要な職業は、牧畜業である。市街地は整っており、直交する格子状の街路が配置され、美しい古い教会が何堂もあり、大学と公立学校もある。豊かな牧畜地帯の中央に位置する立地条件から、この町には一定の商業的な重要性が生じている。

歴史[編集]

元々この場所には、先住民の町があったと考えられており、1730年にはカラカス・ギプスコア会社英語版の交易所のひとつが設けられた。しかし、多くのベネズエラの都市がそうであったように、19世紀の間、カラボソはほとんど人口が増えなかった。1820年シモン・ボリバルホセ・アントニオ・パエス英語版率いる革命軍が、フランシスコ・トマス・モラレス英語版率いるスペイン軍をカラボソで破った。

脚注[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2017年6月13日