カラスヤサトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カラスヤサトシ
本名 片岡 聰(かたおか さとし)
生誕 (1973-11-16) 1973年11月16日(43歳)
日本の旗 日本大阪府枚方市
職業 漫画家
活動期間 1995年 -
ジャンル 4コマ漫画
エッセイ漫画
ルポ漫画
代表作 カラスヤサトシ
テンプレートを表示

カラスヤ サトシ1973年11月16日 - )は、日本漫画家。本名:片岡 聰(かたおか さとし)。大阪府枚方市出身。関西大学社会学部卒業。男性、既婚で1女の父。

出世作であり代表作の『カラスヤサトシ』は自身の日常生活の細部を切りとった4コマ漫画。他にもエッセイ漫画ルポ漫画育児漫画など作者自身を主人公とした作品が多い。

経歴[編集]

1995年、大学時代に本名の片岡聰名義で『海辺の人々』ほか3編により第6回COMICアレ![1]漫画賞優秀賞を受賞しデビュー。大学を卒業後は専門学校に勤めながら同誌に作品を発表し、1997年に初の単行本『石喰う男』を出版、退職して専業作家となるが、同年に雑誌が休刊。その後は派遣やアルバイトで生計を立てていた。

1999年、ペンネームを烏屋さと志に改め、4コマ漫画『ニャニャドヤラ』で『月刊アフタヌーン』で行われていた新人賞「ギャグパラ大賞」[2]第2回準大賞を受賞。その後、しばらく『アフタヌーンシーズン増刊』に『ニャニャドヤラ』を連載したが、読者投票の企画で敗れたため終了。2002年、短編『HOME』で第41回ちばてつや賞大賞(一般部門)を受賞。同年11月に上京、東京都西東京市に移り、姓名判断を参考にペンネームをカラスヤサトシに変更。

2003年、『月刊アフタヌーン』読者ページの欄外に自身の体験を題材にした4コマ漫画『愛読者ボイス選手権 特別版』を掲載し始めると、次第に人気を集め、2005年からは独立したページを与えられるようになり、2006年9月、掲載作をまとめた作品集『カラスヤサトシ』が刊行[3]された。

その後は4コマ漫画ルポ漫画を中心に幅広く作品を発表。2011年、10歳年下の音楽ライターと結婚[4]後は妻子とのやりとりが作中で描かれることも多くなった。2016年4月、『月刊アフタヌーン』6月号にて13年続いた連載『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』が、『モアイ』Web連載の『毎日カラスヤサトシ』と同時に終了した。

単行本リスト[編集]

石喰う男(1997年9月、マガジンハウス
『COMICアレ!』発表作を収録、「片岡聰」名義。『COMICアレ!』(マガジンハウス)にて発表された作品が20本ほど収録されている。現在は絶版で入手困難。
カラスヤサトシ講談社
月刊アフタヌーン』連載、「愛読者ボイス選手権 特別版」とその後身(終了時タイトル「アフタヌーンはカラスヤサトシのもの」)改題、全9巻。作者の日常を描いた4コマエッセイ漫画。
  1. 2006年8月23日初版発行、ISBN 978-4-06-314425-3
  2. 2007年4月23日初版発行、ISBN 978-4-06-314449-9
  3. 2008年3月21日初版発行、ISBN 978-4-06-314496-3
  4. 2009年5月22日初版発行、ISBN 978-4-06-314545-8
  5. 2010年9月22日初版発行、ISBN 978-4-06-310692-3
  6. 2011年11月22日初版発行、ISBN 978-4063107883
  7. 2013年10月23日初版発行、ISBN 978-4063879292
  8. 2015年5月22日初版発行、ISBN 978-4063880458
  9. 2016年4月22日初版発行、ISBN 978-4063881363
萌道(2008年3月、竹書房
まんがライフMOMO』連載。メイド喫茶など、毎回各地にある「萌え」スポットを体験取材するレポート漫画。
おのぼり物語(2008年9月、竹書房)
まんがくらぶ』連載。作者が2002年に上京し、仕事が軌道に乗り始めた2005年頃までを描いた自伝的作品。2010年に映画化。
カラスヤサトシのおしゃれ歌留多(2009年5月、講談社)
『MouRa』(講談社Webサイト)連載、「カラスヤサトシのハッピー♥セレクション」改題。「女性たちの間で流行っているもの」をテーマにした4コマ漫画。
キャラ道(2009年10月、竹書房)
『まんがライフMOMO』連載。自分が出てくる漫画ばかり描いているカラスヤが、編集者のリクエストに従って「キャラ」を作ろうとする様を描く。竹書房で連載している4コマ作家(小坂俊史など)がカラスヤサトシと対決もしくは指導という形でほぼ毎回ゲスト出演している。
カラスヤサトシのでかけモン(2009年11月、芳文社
まんがタイムオリジナル』連載、「でかけモン」改題。関東地方を中心とする各駅周辺の紀行漫画。
野生のじかん(2010年6月、竹書房)
まんがライフオリジナル』連載。作者が「野性的」なものに体当たりで挑戦するルポ漫画。
喪男の社会学入門(2010年9月、講談社)
good!アフタヌーン』連載、社会学者千田有紀との共著。二人の会話形式の文章と、カラスヤによる4コマ漫画が併載される形式。
カラスヤサトシの37歳の遠足ガイド(2011年11月、秋田書店
チャンピオンRED』連載。ゴスロリファッションの編集者とともに様々な場所に「遠足」に行くルポ漫画。
結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!(2012年1月、秋田書店)
for Mrs.スペシャル』連載、「女の子はみんないつか幸せになれる」改題。恋愛をテーマにした企画をこなす4コマ漫画。連載中に作者が結婚したことから、終盤は結婚相手との馴れ初めが語られた。
「びっくりカレー」シリーズ(新書館
ウィングス』→『ウェブマガジン ウィングス』→『ウンポコWEB』連載。カレー食べ歩きエッセイ4コマ漫画。
  1. カラスヤサトシの日本びっくりカレー(2012年8月)
  2. カラスヤサトシのびっくりカレーおかわりっ!!(2013年8月)
  3. カラスヤサトシの世界スパイス紀行(2015年4月)
モテないのではない モテたくないのだ!!(2012年8月、双葉社
漫画アクション』連載。作者をモデルにした男子中学生「片桐サトヲ」の中学生活を描いた連作4コマ漫画。
強風記(2012年8月、講談社)
まんがタイムスペシャル』連載、「強風記~小説家 烏山サトシ~」改題。表題作は大正時代の売れない小説家を主人公にした作品。他初期の短編も併録。
カラスヤサトシの初体験(2013年8月、リブレ出版
月刊少年チャンピオン』『グランドジャンプ』他掲載のエッセイ漫画を収録。
オレなんかが親になって大丈夫か?(竹書房)
すくすくパラダイスぷらす』連載、「子がなくては親は育たぬ」改題。子育てエッセイ4コマ漫画。
  1. オレなんかが親になって大丈夫か?(2013年10月)
  2. オレは子をみて育とうと思う(2015年3月)
大カラスヤサトシの大発明大王(2013年10月、竹書房)
『まんがライフオリジナル』連載。作者が様々な発明を試すエッセイ4コマ。
エレガンスパパ(2014年10月、秋田書店)
エレガンスイブ』連載。同じく子育て漫画。
毎日カラスヤサトシ(講談社)
Webコミックサイト『モアイ』連載。2013年11月25日から2016年4月27日まで、月曜日から金曜日、毎日一本更新されていたエッセイ4コマ漫画。
  1. 2015年3月
  2. 2015年4月
カラスヤサトシの怖いところに手が届く(2015年6月、ホーム社
『特盛』他掲載のホラー・オカルトを題材としたルポ漫画を収録。
おとろし(2015年7月、秋田書店)
『エレガンスイブ』『もっと!』他掲載のホラー漫画(非エッセイ)を収録。
カラスヤサトシの戦国散歩(リイド社)
戦国武将列伝』連載。作者が戦国時代にタイムスリップするという設定の4コマ漫画。
  1. 2016年4月
カラスヤサトシの孫子まるわかり(2016年10月、新書館)
『ウィングス』連載、「VS孫子」改題。作者が『孫氏』を読み、現代の生活に活かそうとする様を描いた4コマ。
お湯も、プロペラも、頭蓋骨も、みんな神様だった! ニッポン珍神見聞録(2016年12月、竹書房)
まんがライフオリジナル』連載、「神域聖地霊場ウォーカー」改題。作者が全国各地の珍しい「神様」が祀られているスポットを訪ねる紀行漫画。

脚注、出典[編集]

  1. ^ COMICアレ!』は、1993年から1997年までマガジンハウスが発行していた月刊漫画雑誌。江口寿史吾妻ひでおしりあがり寿松本大洋などが寄稿していた。新人賞は10回まで開催されており、優秀賞は第2席。ただし片岡聰が入賞した第6回は第1席の大賞は該当者なしだった。
  2. ^ 「ギャグパラ大賞」はアフタヌーン四季賞と平行して『月刊アフタヌーン』で行われていたギャグ専門の新人賞。1998年から2001年まで計7回開催された。なお第2回の大賞はハグキの『ハトのおよめさん』である。
  3. ^ 『月刊アフタヌーン』2006年4月号では、発表した4コマ漫画が300本近く溜まったことを受けて、誌上にて単行本化嘆願活動を開始し、読者へ単行本化への賛同を呼びかけた。これに対し同年6月号までにハガキ、メールを合わせて300通ほどの読者の声が寄せられた。 2005年末に行なわれた「アフタヌーンコミックまつり」では「生身の人間でありながら」マスコットキャラクターに起用され、カラスヤの自画像イラストをあしらったステッカーが書店で配られたほか、JR秋葉原駅に同じ絵柄を使用した大型の告知看板も設置された。
  4. ^ for Mrs.スペシャル』連載「女の子はみんないつか幸せになれる」上でできちゃった結婚を公表し、それまでの経緯がマンガとして描かれた。

外部リンク[編集]