カラスザメ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カラスザメ科
生息年代: ルテシアン現世
[1]
Etmopterus spinax 005.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
: ツノザメ目 Squaliformes
: カラスザメ科 Etmopteridae
学名
Etmopteridae
Fowler, 1934

カラスザメ科 Etmopteridaeツノザメ目に属するサメの一つ。ツノザメ目では最も多くの種を含む。全世界の深海、50-4500mの範囲に生息する。主に大陸斜面で見られる。最大種はCentroscyllium fabricii で、107cmに達する。産仔数は6-14で繁殖力はあまり高くないため、近年の深海漁業の拡大により打撃を受けることが想定されている[1]

分類[編集]

4属に約44種が属する。

系統[編集]

次のような系統樹が得られている。ワニグチツノザメはカスミザメ属+トゲカスミザメと近縁である可能性もある[1]




トゲカスミザメ



カスミザメ属





ワニグチツノザメ


カラスザメ属


E. spinax clade



E. gracilispinis clade





E. lucifer clade



E. pusillus clade






参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Straube, Nicolas, et al. (2010). “Molecular phylogeny and node time estimation of bioluminescent lantern sharks (Elasmobranchii: Etmopteridae)”. Molecular Phylogenetics and Evolution 56 (3): 905-917. doi:10.1016/j.ympev.2010.04.042. 
  2. ^ Vásquez, V.E., Ebert, D.A. & Long, D.J. (2015). Etmopterus benchleyi n. sp., a new lanternshark (Squaliformes: Etmopteridae) from the central eastern Pacific Ocean”. Journal of the Ocean Science Foundation, 17: 43-55. http://www.oceansciencefoundation.org/josf/josf17d.pdf. 
  3. ^ “サメの新種発見、「ニンジャ」と命名”. CNN. (2015年12月25日). http://www.cnn.co.jp/fringe/35075513.html 2015年12月25日閲覧。 
  4. ^ Knuckey, J. D. S., D. A. Ebert, and G. H. Burgess. (2011). “Etmopterus joungi n. sp., a new species of lanternshark (Squaliformes, Etmopteridae) from Taiwa”. Aqua, International Journal of Ichthyology 17: 61-72. 
  • 仲谷一宏 (2011). サメ―海の王者たち―. ブックマン社. pp. 212-215. 
  • Joseph S. Nelson, Fishes of the world, 4th edition: Wiley & Sons, Inc., 2006
  • Fishbase

関連項目[編集]