カラシュ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カラシュ人
Kalasha women.jpg
総人口
約3,000人
居住地域
言語
ペルシア語系のカラシュ語
宗教
多神教
関連する民族
 ヌーリスターン人

カラシュ人(カラシュじん、Kalash)は、南アジアパキスタンを中心に居住する民族である。

パキスタンの北西辺境州チトラル地区に住む。特に幼少期は金髪、紺碧目で色白という北ヨーロッパ人を思わせる外見をもつ者もいる。そのため、アフガニスタンヌーリスターン人と同じく、ギリシャアレキサンダー大王の軍隊の子孫という説もある。ヌーリスターン人との違いはイスラム教を信仰せず独自の地域宗教を持つ点にある。言語はインド・イラン語派ダルド語群カラシュ語を話す他、第二言語としてウルドゥー語パシュトー語も話す。

遺伝子[編集]

カラシュ人のY染色体ハプログループL3a が22.7%、H1* が20.5%、R1a が18.2%、G が18.2%、J2 が9.1%、R* が6.8%、R1* が2.3%、L* が2.3%である。[1]

カラシュ人の少女

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Firasat Sadaf; Khaliq Shagufta; Mohyuddin Aisha; Papaioannou Myrto; Tyler-Smith Chris; Underhill Peter A; Ayub Qasim (2007). “Y-chromosomal evidence for a limited Greek contribution to the Pathan population of Pakistan”. European Journal of Human Genetics 15 (1): 121–126. doi:10.1038/sj.ejhg.5201726. PMC 2588664. PMID 17047675. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2588664.