カラカサクラゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラカサクラゲ
Liriope tetraphylla by OpenCage.jpg
神戸市立須磨海浜水族園での展示
分類
: 動物界 Animalia
: 刺胞動物門 Cnidaria
: ヒドロ虫綱 Hydrozoa
: ヒドロ虫目 Hydroida
亜目 : 硬水母亜目 Trachymedusae
: オオカラカサクラゲ科Geryoniidae
: カラカサクラゲ属 Liriope
: カラカサクラゲ L. tetraphylla
学名
Liriope tetraphylla
Chamisso et Eysenhardt, 1821

和名
カラカサクラゲ

カラカサクラゲ唐傘水母)はヒドロ虫綱オオカラカサクラゲ科クラゲの一種。先端に胃部を持つ長い口柄が唐傘を連想させるためこの名がついた。学名は「4つ葉のヤブラン」を意味する。

日本各地に生息し、傘径は3~30mm。ポリプの世代の存在しない終生浮遊性。ゼラチン質は厚く、放射管は4本。環状管より1~7本の求心管が出る。触手は8本で細長い。場所によっては大発生して年に数回大量に沿岸に打ち寄せられることがある。