カラアーチ (エディルネ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カラアーチトルコ語: Karaağaçギリシア語: Ορεστιάδαブルガリア語: Караагач)とは、トルコエディルネ郊外にある地区の地名。市街地中心部からメリチ川を挟んで4km南西にあり、国境線を挟んだ南西側はギリシャカスタニスギリシア語: Καστανιές)と接している。

1890年に、欧州とトルコを結ぶ鉄道の、トルコ側の国境駅(カラアーチ駅)がエディルネ郊外のこの地に造られた。1971年に市街地側に新駅が開設されると、カラアガチ駅は廃止された。現在、この駅舎はトラキア大学(Trakya Üniversitesi)の施設の一部として利用されている。

1920年から1923年の間、この地はギリシャ領となり、町の名前はトラキア時代にこの辺りにあったといわれる『オレスティアス』という町の名前で呼ばれていた。『オレスティアス』という町の名前は、ハドリアヌスがこの地にあった町を拡張した時に『ハドリアノポリス』(エディルネの旧名)に改名された。