カミール・イドリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カミール・イドリス:كامل إدريس、:Kamil Eltayed Idris、1954年8月26日 - )は、スーダン出身の国際公務員世界知的所有権機関(WIPO)及び植物新品種保護国際同盟(UPOV)の前事務局長である。

略歴[編集]

スーダンのハルツーム大学法学の学士号カイロ大学ハルツーム校で哲学等の学士号アメリカオハイオ大学国際法等の修士号を取得。スーダン外務省の大使として、スーダンの在ジュネーヴ国連機関代表部でスポークスマン及び途上国のコーディネーターを務める。1982年にWIPOの対アフリカ協力の部局に入った。1997年9月にWIPO及びUPOV事務局長に選出され、同年11月に就任。2003年12月に再任されており、任期は2009年11月まであったが、任期途中の2008年9月に辞任した。1992年-1996年2000年-2001年に国連国際法委員会の委員を務めている。また、スイスジュネーヴ大学から国際法の法学博士号を授与されている[1]

年齢詐称問題[編集]

イドリスは、1945年8月26日生まれと自称していたが、2006年のWIPOの内部調査によって、1954年8月26日生まれであることが判明した。2007年9月-10月に開催されたWIPO年次総会では、米国をはじめとする先進国が、年齢詐称なくしてWIPOでの昇進はあり得なかったとして、事務局長辞任を要求。イドリスを擁護して解任に反対する途上国と対立した結果、年次総会は、予算案が否決されるなど混乱したままで閉幕することとなった[2][3][4]

この問題について、イドリスは、2007年11月に、後任の事務局長選出を通常より早く行うことを明らかにした。その後、後任の事務局長としてフランシス・ガリが選出され、イドリスは、2009年11月の任期満了まで1年余りを残して、2008年9月に早期退任した[5]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Director General Kamil Idris: Profile WIPO
  2. ^ 年齢詐称の事務局長、去就巡り紛糾・WIPO年次総会開幕 NIKKEI NET(日経ネット)、2007年9月25日]
  3. ^ 事務局長年齢詐称問題、WIPO総会の議論決裂 NIKKEI NET(日経ネット)、2007年10月4日]
  4. ^ WIPO総会、重要議題棚上げで閉幕 NIKKEI NET(日経ネット)、2007年10月4日]
  5. ^ WIPO事務局長、来秋にも退任 NIKKEI NET(日経ネット)、2007年11月15日]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]