カミーリ・イスハコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カミーリ・イスハコフ
Камиль Шамильевич Исхаков
Камил Шамил улы Исхаков
生年月日 (1949-02-08) 1949年2月8日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 カザン
出身校 カザン工科大学カザン大学物理学部
前職 カザン科学教育センター、カザン科学工業協会会長、カザン市長
現職 ロシア地域開発省次官

在任期間 2005年11月14日 - 2007年10月3日

在任期間 1991年 - 2005年
テンプレートを表示

カミーリ・シャミルヴィチ・イスハコフまたは、カミーリ・シャミーリ・ウギリ・イスハコフロシア語: Камиль Шамильевич Исхаковタタール語:Камил Шамил улы Исхаков1949年2月8日 - )は、ロシア政治家カザン出身のタタール人

カザン工科大学およびカザン大学物理学部をそれぞれ卒業する。1980年代、カザン科学教育センターとカザン科学工業協会の会長を務めた。1989年から1991年までカザン市議会議長、1991年から2005年まで、カザン市議会人民代議員、同人民代議員大会議長、カザン市長を歴任する。

2005年11月14日コンスタンチン・プリコフスキーの後任として極東連邦管区大統領全権代表に任命される。極東全権代表在任中は、約5000億ルーブルの資金をもたらしたと評価される一方で、親族や友人を要職に就けた情実人事が横行したとの批判もあった。2007年10月3日全権代表を解任され、ドミトリー・コザク地域発展大臣の下、同省次官(極東ザバイカル地域調整担当)に任命された。

先代:
レヴォ・イディアトゥーリン
カザン市長
1991年 - 2005年
次代:
Метшин, Ильсур Раисович
先代:
コンスタンチン・プリコフスキー
極東連邦管区大統領全権代表
2005年 - 2007年
次代:
オレグ・サフォーノフ