カボ・デルガード州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カボ・デルガード州
モザンビークにおける州の位置
行政府所在地ペンバ
面積82,625 km2
人口1,525,634人(2002年

カボ・デルガード州Província de Cabo Delgado)は、モザンビーク北東部にあるである。面積は82,625km2、人口は1,525,634人(2002年)である。州都はペンバPemba)、旧称ポルト・アメリア(Porto Amélia)。

地理[編集]

ほとんどが丘陵地で、南にナンプーラ州、西にニアサ州、北にタンザニアムトワラ州と接し、東部にインド洋と面する。海岸に沿うように平野がある。沖合いにシーラカンスが発見されたことで有名なコモロ諸島コモロ連合)・キリンバス諸島が浮かぶ。

州の北東の端、タンザニアとの国境のロヴマ川河口付近に、州名カボ・デルガードの由来となったデルガド岬(Cabo Delgado)がある。

住民はマクア族マコンデ族など。

治安[編集]

2010年代後半から、州内でイスラム系武装組織(アル・シャハブ)の活動が活発化。町や村を襲撃して組織の白黒の旗を掲げるとともに、2020年には州政府庁舎を襲撃する事件も起こした[1]

2020年、アル・シャバーブは天然ガス施設のある沿岸地域を掌握、内陸部に進攻し始めた。同年12月における避難民の数は、ペンバに到着した数だけでも13万人を越える規模となった[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]