カフェ・ロワイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カフェ・ロワイヤル(café royal)は、コーヒーの飲み方のひとつ。カクテルの1つとされることもある。

概要[編集]

コーヒーを注いだデミタスカップの上に、先端部にひっかかりを設けた専用の器具ロワイヤル・スプーンを渡す。スプーンに角砂糖をひとつ乗せ、ブランデーを注いで染み込ませる。スプーンからこぼれない程度にブランデーを注いだら、角砂糖に火をつけ、溶けかけたもしくは溶けたところでコーヒーに落とし、かき混ぜて飲む。

ブランデーの香りと青い炎の演出を楽しむ飲み方である。ただし青い炎は淡い色なので、明るい場所では見えにくいため、やや暗い場所の方が、青い炎の演出を楽しむには向いている。 なお、カフェ・ロワイヤルはナポレオンが愛飲したことでも知られている [1]

脚注[編集]

  1. ^ 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 永岡書店 1990年6月5日発行 ISBN 4-522-01092-3