カバ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カバ科
カバ
カバ
Hippopotamus amphibius
地質時代
中新世 - 完新世現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : 鯨反芻亜目 Cetruminantia
階級なし : 鯨凹歯類 (ケタンコドンタ)
Cetancodonta / hippomorpha
下目 : カバ下目 Ancodonta
: カバ科 Hippopotamidae

他 絶滅属

カバ科(カバか、Hippopotamidae)は、動物界脊索動物門哺乳綱鯨偶蹄目に属する分類群の一つで、分類学上は階級が与えられている。

形態[編集]

現生群での最大種はカバで体長350-400cm。体重2,000-3,200kg。最小種はコビトカバで体長150-175cm。体重180-275kg。全身は硬い皮膚で覆われるが、表面の角質層が薄いため長時間乾燥させるとひび割れる。

切歯犬歯は発達し、一生伸び続ける。水中で水が入らないように鼻孔や耳穴は閉じることができる。は複数の室に別れるが、反芻は行わない[1][2]

分類[編集]

従来このグループはペッカリー科に近縁であるとされ[3]イノシシ亜目に分類されていたが、DNA分析の結果、カバはブタイノシシよりもウシと近縁であると証明された。また、カバの姉妹群はクジラ類である可能性が示唆され、「鯨偶蹄目」という分類群が創設された。しかし、始新世に現れたクジラ類との間には長いギャップがあり、カバの先祖は不明であった。この間を埋める存在とされたのが、アントラコテリウム科である。このグループは、下顎や歯列などカバと類似した形態を持っていたため[4]、カバの祖先であると推定された。アントラコテリウムは始新世の終わりに出現した、小さな頭のカバのような姿をした半水棲の偶蹄類である。カバはこのアントラコテリウムから中新世ごろに分化し、進化してきたとされる。カバ科の動物が現れると、気候の変化などの影響もありアントラコテリウム科の動物は減少した。そして鮮新世の始めにアフリカに出現したメリコポタムスを最後に絶滅した。[5]

現在この系統としてはカバとコビトカバが残っているが、遺伝的にはずいぶん離れている。

[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『哺乳類の進化』 225頁
  2. ^ これはクジラも同様である
  3. ^ 『絶滅哺乳類図鑑』 162頁
  4. ^ 『アフリカの哺乳類』 124頁
  5. ^ クジラとカバとのあいだには(2005.03.16)
  6. ^ 哺乳類の系統分類(渡邊誠一郎)

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]