カネシゲタカシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カネシゲタカシ
本名 金重 高志
生誕 (1975-10-22) 1975年10月22日(41歳)
日本の旗 日本 大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家イラストレーターミュージシャン
活動期間 1999年 -
公式サイト テクノカットスタジオ
テンプレートを表示

カネシゲ タカシ1975年10月22日 - )は、日本漫画家イラストレーターミュージシャンで、元お笑い芸人ドレスの一員。大阪府出身。大阪府立市岡高等学校関西大学卒業。

本名は金重 高志(読み同じ)、別の名義として「マンガウルフ」があり、嘗てはこの名前でも漫画家として活動していた。

芸人として[編集]

NSC14期生として芸能界入り。同期は国崎恵美ロッチのコカドケンタロウなど。

かつて岩尾望とお笑いコンビ「ドレス」として活動しており、金重はツッコミを担当していた。

シュールなコントを得意としていたが、コンビは1999年3月に解散する。

その後、金重は芸人を廃業し漫画家として活動、岩尾は同時期にコンビを解散した元「エレキグラム」の後藤輝基と「フットボールアワー」を結成した。

漫画家として[編集]

1999年のコンビ解散を以て、芸人を廃業。「週刊少年ジャンプ」の4コマキング大賞にて、漫画家としてデビュー。

作品の傾向としてはギャグ色、コメディ色の強いものが多く、絵柄もコミカルなタッチを基調としている。

ミュージシャンとして[編集]

お笑い芸人として活動していた時から、ほぼ同期の人間たちと共に、バンドを組んで活動もしていた。その際の名義は「マンガウルフ」で、主にドラムを担当していた。この名義で漫画家としての活動をしたこともあるが、直ぐに現在の名前に改名した。

ケンドーコバヤシらと組んだ「公共オマ○コ機構」や、野性爆弾・フットボールアワーの後藤らと組んだ「盆地で一位」などで、ミュージシャンとしての才能も発揮している。なお前者は既に解散しているが、後者の活動は2丁拳銃のイベント「曲者」で見ることが出来る。

またお笑いとは関係のないメンバーで「ザ・クーピーズ」という童謡パンクバンドを組んでいたこともあり、メンバーと結婚している。このバンドではギターを弾いており、一部の曲では作詞・作曲を手がけていた。現在は解散しているが、インディーでミニアルバムを一枚出している。

代表作[編集]

  • 通販の鬼・やすだ(コミック・ガンボ
  • 週刊イガワくん
    • 井川慶をモデルとした漫画。現在も複数の雑誌で連載、読み切りを掲載している。
  • 一丁目のタイムカプセル(ガンダムエース
  • おわらいおん(まんがライフ)原作。作画はたんたん
  • ちーっす!アクティズ高校
  • ベイスたん
    • 「週刊キヨシくん」(→「ベイスたんのブログやよ」)にて連載されているweb漫画。横浜DeNAベイスターズをペット育成型ゲームのキャラクター風に例えている。2012年のベイスターズファン感謝デー等で球団公認のコラボグッズが発売されている[1]
  • カネシゲタカシの野球大喜利ベスト9(アサヒ芸能
    • 自身が主宰するTwitter「野球大喜利」にて「アサ芸杯」に指定したテーマで募集した大喜利ネタから厳選し、毎回MVP1件・ベストナイン賞8件の計9件のネタをカネシゲの一コマ漫画とコメントを添えて掲載する。このほか漫画・コメントなしの佳作ネタとしてファインプレー賞が5件掲載される。20回ごとに区切ったシーズン内で掲載数を打点ポイント(MVP4点、ベストナイン賞3点、ファインプレー賞2点)としランキング上位3名に賞金が贈呈される。「野球大喜利 ザ・ベスト」シリーズとして書籍化。
  • はたらくパチンコ(パチンコ必勝本CLIMAX

主なメディア出演[編集]

ドレスとして
盆地で一位として

書籍[編集]

カネシゲタカシ名義
カネシゲタカシ/野球大喜利名義

挿絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ファンフェスティバル2012』にて新商品発売のお知らせ - 横浜DeNAベイスターズ公式HP、2012年11月20日配信

外部リンク[編集]