カニノケンカ –Fight Crab–

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カニノケンカ -Fight Crab-
ジャンル アクション
対戦格闘ゲーム[1]
対応機種 Nintendo Switch
PlayStation 4(予定)
Steam(Windows PC)
開発元 カラッパゲームス
発売元 Mastiff
PLAYSM
音楽 Deku
人数 1人~2人(一人用)
1~4人(対戦)
メディア Nintendo Switch
パッケージ版(ゲームカード)
ダウンロード販売
発売日 Nintendo Switch
日本の旗 2020年8月20日[2]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2020年9月15日 [3][4]
香港の旗 2021年3月18日[5]
Steam
(正確には旗ではありません)世界の旗 2020年7月30日[6]
最新版 1.2.1/2021年2月21日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)[2]
ESRBT(13歳以上)[3]
PEGI7[4]
デバイス Nintendo Switch
Joy-Con2本持ち
モーションコントロール対応
売上本数 (正確には旗ではありません)世界の旗 10万本(出荷数、2021年)
その他 Nintendo Switch Online 対応
クロスプレイ対応
ローカル通信対応
テンプレートを表示
映像外部リンク
Switch『カニノケンカ -Fight Crab-』トレーラー

カニノケンカ -Fight Crab-』は、カラッパゲームスが開発し、MASTIF または PLAYSM より、2020年7月30日に発売されたゲームソフト。対応プラットフォームは、Nintendo Switch・PC(Steam配信)・PlayStation 4(予定)。

本作は、蟹と蟹がケンカして勝敗を決める対戦型のゲームである。ケンカといっても「転倒して3つ数えたら負け」というルールしかない、何でもありのハチャメチャバトル。武器アリ・反則ナシの問答無用の戦いが繰り広げられる。阿鼻叫喚の戦いではあるが、カニがブキを持って戦えば自然とこうなるのかもしれない。物語としては、最終的に王者となるため、永遠の「かにパルサー」を目指すといった内容。ゲーム内容もさることながら、システムも操作性も、何もかもが前例のない設計。ストーリー性は薄く無いに等しいが、さくっと遊べるアーケードライクなゲーム。総じてシステムの細部まで緻密に作りこまれた、独創的な3D格闘アクションゲーム。



ルール[編集]

基本的なルールとしては「カニを転倒させて3カウントとった者が勝ち」というシステムで勝敗が決まる。なぜそうなるのかというと「背を大地につけた者は負け」という掟が唯一無二のの絶対的ルールだから。それ以外は何をしても構わないが、永久パターンなどのハメ技は物理エンジンの特性上、現実的には不可能と言ってよい。

戦いは、カニとブキを選んでから行う。ブキに関しては、両手に別々のブキを持たせることができる。基本的には、ブキによる攻撃でカニの体力が減ると、体幹ダメージが蓄積してフラフラになって倒れやすくなる。ダウンして3カウント取られたら負けとなる(最期には土の中に沈んで埋まってしまう)。

 

概要[編集]

 本作は「キャンペーン」と対人戦の「バーサス」と、おおまかに2つのモードに分かれている。基本1人用のキャンペーンは、ファイトクラブに参戦し、カニ同士で対戦しながら王者を目指すモード。バーサスにはオンライン対戦とオフライン対戦があり、1人から4人までの各種対戦が可能。1対1のシングルマッチ、2対2のタッグマッチ、どちらも楽しめる。

Nintendo Switch の様々な操作方法に対応しているが、その中でも、Switchのコントローラ「Joy-Con」2本を両手に持つことを「2本持ち」と呼んでいる。本作はジョイコン「2本持ち」のモーション・コントロールに対応しており、Joy-Conを動かすとカニの腕も連動して動くので、カニと一体化したかのように動かせる。さらに、Joy-Conを左右に傾けると旋回、手を前に押し出すとパンチするなど、カニと一体化したかのように直感的に動かすことができる。

操作キャラクターが後方視点で表示されるタイプのゲームであり、自由に3D空間で動き回ることができる。

 

モード[編集]

キャンペーン
基本1人用のキャンペーンには簡素ではあるが育成要素がある。そのため、面クリア型ではあるが、ロールプレイのように育てながらゲームを進めることができる。そのため、時間をかけてお金を稼げばカニが強くなるので誰でもクリアが可能な難易度となっている。難易度を5段階から選べる。
トレーニング
トレーニングしながら案山子相手に操作を練習できるモード。カニを相手にしてスパーリングすることも可能。
オフライン対戦
コンピュータや友人と自由に対戦できるモード。友人と同じ場所に集まることができたなら、4人全員で対戦することもできる(PC版)。
ランクマッチ
オンラインに接続し、1対1で対戦するモード。勝ち負けによりプレイヤーのランクが変動する。
フリーマッチ(異なるプラットフォーム間のクロスプレイにも対応)
オンラインでフリーマッチ、野良など誰とでも対戦したり、Switch本体に登録されたフレンドと対戦できる。人数やステージなどが変更できる。
フリーマッチ(ローカル通信)
友人たちと同じ場所に集まって、Switch本体を持ち寄ってWi-Fi通信でオンライン対戦するモード。
フリーマッチ(LAN通信)
2021年2月21日配信の更新データVer.1.2.1により、本体同士をLANケーブルで接続して対戦することができる「LANプレイ」が実装された。バーサスを選び、ローカル通信と表示された画面でコントローラーの左スティックを押しこみながら、LボタンとRボタンを3秒間長押しすると「ローカル ツウシン」が「LANプレイ」に変化する。

 

世界観(補足)[編集]

ストーリーの要約

『神から不死身の肉体と知性を授かった無敵のカニたちは、人間が開発した武器を奪い地上を支配したが、どうしても逆らえない掟があった ―地に背をつけた者は敗者となり服従しなければならない― そして、カニたちは最強をめざして旅に出た』

これが公式ストーリーですが、実は、ゲーム内においてはストーリーについて全く語られていません。唯一残されたテキストもたったの一言だけ。

『星辰の浜辺からすべてをひっくり返す旅が始まる ―カニの王座は天空― 天にかにパルサー輝くとき、次代の王を決める儀式が始まる』

これでは何のことか分かりませんが、とりあえず「最強の王を決める儀式が始まる」ため、カニが集まる「ファイトクラブ」に参戦し、戦いながら王者を目指すという流れ。カニ同士の戦いにおいては「ひっくり返されたら負け」であることが基本的なルールのもよう。このように、ストーリー性が薄いといった事情もあり、世界観も良く分からない世界線になっています。しかしながら、破綻しているわけでもありません。解釈のしかたによっては分からなくもなかったり。例えば、蟹が大きくなったり小さくなったりするのも、脱皮の仕様といえなくもない。戦車に乗れるのも、もともと蟹を載せる戦車を人間が開発していた。また、航空支援を行うと蟹が飛行機にまたがって空爆しますが、これも蟹専用の自動操縦・戦闘機の可能性が。エリア外周に出現する光の幕も、人間による対蟹兵器か(コードネーム:Nettou)。メタルクラブも人間が作った軍事兵器か。

ようするに、「人間が蟹専用の武器を作り、蟹を兵器に利用しようとした」と考えれば、辻褄が合う。そもそも、巨大な蟹が実際に現れたら、人間は真っ先に兵器転用できるかを考えます。国家の利益になるものは全て利用する、それが国家というもの。余談ですが、メタな裏設定として、人間が蟹を洗脳する装置を開発、戦争の兵器としてコントロールできるようにしたなどと空想してみると、ゲームプレイヤーがコントローラーを握ってカニを操作して戦うこととリンクするので、なんだか現実味を帯びてきませんか。

そのようなわけで、語られることのなかった物語もあるはず。クリアしても意味が分からなかったという未消化の人のために、補足説明を参考までに(以下は、ゲーム内のシステムから読み取れる最低限の情報を整理したもの)。

紀元前1万年、人間は知恵の実を食べて知性を手に入れた  楽園を追放された人間には、死の苦しみが与えられた

はるか昔、光に導かれた生き物がエデンの園に到達した   そして、生命の樹の実を食べ、神から永遠の命を授かった

神の力を得た不死身の生き物たちは、地上に君臨した    強靭な蟹たちは、煮ろうが焼こうが倒れることはなかった

堕落した人間は、巨大な蟹を戦争の道具として利用した   人間に教えられ、蟹たちは武器を使えるようになっていった

人の武器を奪い力で圧倒した蟹たちは地上に楽園を築いた  力を手にした性か、今度は蟹たちも同族間で争うようになる

しかし、一つだけ、絶対に逆らえない神との契約があった  『甲羅を地につけた者は、大地に服従して土に還る』

戦に敗れた蟹は契約の呪いにより大地に呑みこまれる    永遠の理を失った蟹は土の中で有限の物質に分解される

王者こそが真の永遠を手に入れるにふさわしい器となる   そして、蟹たちは「かにパルサー」に向かって歩き出した

 

登場キャラクター(全24種類)[編集]

ズワイガニ
本作の標準キャラといえる。
トラフ・カラッパ
甲殻類におけるアイドル枠での参戦。本作のマスコットキャラクターといってよい。
タスマニアオオガニ
ラスボス。世界最大の巨大蟹、圧巻の迫力。
ヤシガニ、タラバガニ
厳密にはカニじゃないヤドカリ一族も蟹のケンカに参戦。
ロブスター
カニじゃないエビ一族も蟹のケンカに参戦。
シャコ
カニじゃないシャコ一族も蟹のケンカに参戦。
メタルクラブ
なぜだか見覚えのあるカニ(ヒントはカニ道楽)。元ネタといいジェット噴射など、人間が作った機械人形の可能性が高い。
鹿
なぜか哺乳類なのに鹿が蟹のケンカに参戦(コラボだから仕方がない)。

 

登場ブキ(全48種類)[編集]

ステゴロ
カニであるゆえ、己のハサミこそ最強のブキとなる。殴ったりつねったりして攻撃。ハサミで相手の剣を真剣白刃取りすると、武器を奪うこともできる。
刀剣類
基本的なブキとしてソードや刀など、鋭利な刃物で切りつけ斬撃をお見舞いします。
シールドで防御できる。
鈍器
バールのようなもので殴られたものと思われます。
銃火器
ショットガンで蜂の巣にできる。照準が表示されないのが逆に新鮮。まるで新感覚TPSのような感覚で遊べる。
投擲
手裏剣を投げたり、ブーメランを投げたり、ドリルを投げたりできる(ただし、操作が難しいので上級者用)。
両手持ち
両手に同じブキを持つことになる両手専用のブキ。
チェーンソー
まるでテキサスチェーンソー。
ジェット・エンジン
ジェットでカニが大空にはばたく。
のりもの
アザラシ、ベスパ(原付スクーター)に乗ると、騎馬戦ができる。

 

操作方法[編集]

攻撃
ボタンとの組み合わせで攻撃の方向が変化する
防御
ガードすると相手のスタミナが削れる
腕を伸ばす
パンチ長押しで腕を前に伸ばす(銃などのエイム性能が上がる)
旋回
両スティックを倒すと旋回する
ダッシュ(ジャンプ)
移動ボタンを二回連続同じ方向へ入力すると短いダッシュ
カメラ旋回
カメラボタンで視点を移動してターゲットを切り替える
壁走り
壁に張り付いて移動することができる
武器の投擲
武器を拾う
特殊攻撃
武器によっては、ガードボタンの押し方により特殊な攻撃方法がある場合がある
ハイパーモード
必殺技のコマンド入力により必殺技を発動できる
ハイパージャンプ
ハイパー中はジャンプボタンで飛翔することができる
カニハメハ
寒天ゼリーのようなビームを放つ(か~に~は~め~波~!)
カニオウケン
赤く燃え上がり、超高速移動で体当たり攻撃をしかける(かに王拳100倍!)
カニタマ
元気の力を溜めると上空に巨大な光球が浮かび上がる「みんな、オラに少しだけ元気をわけてくれ!」
エンチャント
闘気を纏った拳で爆発的に相手を吹き飛ばす

 

開発[編集]

また本作は物理演算に強いユニティのゲームエンジンを採用し開発された、いわゆる物理演算ゲームである。

ただし、レースシムやフライトシムでの物理演算エンジンの使用ならまだしも、本格的な格闘ゲームでの物理演算エンジン採用は世界初。

2017年8月11日、コミックマーケット92に出展。このときの夏コミで頒布された体験版バージョンでは、1Pプレイのみで武器の使用は不可能だった。この開発当初は「投げる」ことに特化した柔道ゲームになるはずで、投げてひっくり返したら勝ちだった。しかし、製作者の思いつきで急遽、方針転換。突然、武器で戦う剣戟アクションに生まれ変わった。知性のあるカニは武器を手にするということで、11月12日のデジゲー博では武器が選べるようになり、柔道から総合格闘技(武器アリ・反則ナシ)に。2P対戦も可能に。

2018年:4/14~ TokyoSandbox 、5/8~ #unitetokyo2018、5/12~ BitSummit Vol.6、8/10 コミックマーケット94 では実験作の『ケンカシムG』を頒布。11/4 デジゲー博2018、12/27 Indie World Switchリリース発表

2019年:1/26~ 闘会議、3月16〜 web即売会「BOOTH Festival デジタルゲーム回」期間中はオンライン対戦βテストも実施。4/27~ ニコニコ超会議

 

販売[編集]

2019年8月にアーリーアクセス開始。2020年7月30日、Steam版リリース。2020年8月20日、Switch版リリース。プレイステーション4板は開発中。

 

備考[編集]

 倒れたら負けというシンプルなルールだが、逆にいえば、それ掟以外のことは自由であり、何をしてもかまわない。どのような殺傷ブキの使用も自由である。これぞまさしく、問答無用の決闘である。しかしながら、このような危険極まりない風習も、よく考えてみたら当然と言えば当然のことで、自然界ならではの習わしだといえる。余談だが、決闘と聞くと野蛮だと思う人もいるかもしれない。しかし、人間社会においてもつい100年前までは、普通に決闘で殺し合うことが法律で認められていたのである。また、自然界においては言うに及ばず、決闘こそが生き物の生きるルールである。生き物には法律なんて存在しないが、生きるためには生き物を食べてもよいということだけは皆が知っている。自然界では絶えず小さい生き物が大きい生き物に食べられるというループが繰り返されているが、これは生き物が自ら餌となることによって飢えを回避しているともいえる。生き物同士が食べあうことが一番効率の良いエネルギーの摂取方法だから殺すわけである。つまり、殺すことは手段であって目的ではない。厳しい自然界で生きていくためには、どうしても結果的に殺さざるを得ないのである。

出典[編集]

  1. ^ カニとなって戦う3D格闘アクション『カニノケンカ -Fight Crab-』Steam版が7月30日に配信決定!”. ファミ通.com (2020年6月17日). 2020年6月17日閲覧。
  2. ^ a b カニノケンカ -Fight Crab-”. カラッパゲームス. 2020年8月20日閲覧。
  3. ^ a b Fight Crab”. Mastiff. 2020年9月15日閲覧。
  4. ^ a b Fight Crab|Nintendo Switch|Games|Nintendo”. Nintendo UK. 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ 螃蟹大戰 Fight Crab|Nintendo Switch”. Calappa Games. 2020年3月18日閲覧。
  6. ^ Fight Crab|Steam”. PLAYSM. 2020年7月30日閲覧。

 

外部リンク[編集]