カナダ文化遺産省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カナダの旗 カナダの行政官庁
カナダ文化遺産省
Canadian Heritage
Patrimoine canadien
Flag of Canada.svg
概要
設置 1993年
ウェブサイト
http://www.canadianheritage.gc.ca/
テンプレートを表示

カナダ文化遺産省(〜ぶんかいさんしょう、英語:Department of Canadian Heritage、仏語:Patrimoine canadien)は、カナダ連邦政府内で、カナダの文化芸術メディア通信公用語女性の地位向上スポーツに関する行政規制、業務を司る省庁である[1]。本部はケベック州ガティノー首都オタワの対岸)にある。

カナダ文化遺産省本部のある「テラス・ドゥ・ラ・ショーディエール」ビル

概要[編集]

担当大臣は業務内容で分かれており、現在のカナダ文化遺産大臣メラニー・ジョリ(Mélanie Joly)、スポーツ・障害者大臣はカーラ・クウォールトロウ(Carla Qualtrough)、女性地位向上大臣はメリヤム・モンセフ(Maryam Monsef)である。

カナダ文化遺産省はカナダ国王及び王室のカナダ訪問も担当している。1996年にメディア通信に関する技術規制についてはイノベーション・科学経済開発省に移管され、メディア、通信の技術面以外の面のみ残された。2008年に市民権多文化主義に関する業務は 移民・難民・市民権省に移管された。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]