カトゥン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カトゥンは、古代メソアメリカ文明で用いられた長期暦で、20トゥン、すなわち7200キン(日)にあたる単位である。グレゴリオ暦で約19.7年に相当する。カトゥンの終了にあたる日には、その日を祝って、石碑が建てられたり、戦争捕虜を生贄に捧げたり、新しい神殿を建築したり、古い神殿を改築したりした。

カトゥンというのはユカテコ語の名称であり、古典期のマヤ人は「20年」を意味するウィニクハーブ(winikhaabʼ)と呼んでいた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Scott A. J. Johnson (2013). Translating Maya Hieroglyphs. University of Oklahoma Press. p. 81. ISBN 9780806151212