カットバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カットバック (cut back) とは、

編集技術[編集]

  • 映画技術、動画編集。異なる場所で同時に起きている複数シーンのショットを交互につなぐ演出。クロスカッティングを参照。

サーフィン[編集]

  • サーフィンの技術。波頭に向けていた進行方向を逆に底に向かってターンして進むこと[1]

希釈[編集]

  • 英語で希釈全般のこと。ウイスキーの水割りなど。化学の分野ではダイリューションとも。
  • アスファルトに石油を混ぜて液状になる現象のこと。意図的に行う技術や不用意になってしまうことまで含む。

脚注[編集]

  1. ^ 『観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典』1997年12月、学習研究社、ISBN 978-4-05-300298-3