カッティング・クルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Nick Van Eede
Nick Van Eede

カッティング・クルー(Cutting Crew)は、イギリスロックバンド

経歴[編集]

1985年にイギリスのロンドンニック・ヴァン・イードケビン・マクニエルを中心に結成。

1986年ヴァージン・レコードからアルバム『Broadcast』でデビューする。そのアルバムからシングルカットされた『愛に抱かれた夜』が4ヶ国(カナダフィンランドノルウェーアメリカ)のシングルチャートで1位となり大ヒットする。1987年には第16回東京音楽祭に出場する。

その後、2枚のアルバムをリリースするも目立った成績を残すことができず解散する。

2005年にニックを中心に再結成され、活動を続けている。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • en:(I Just) Died in Your Arms(1986)
  • One for the Mockingbird(1987)
  • I've Been in Love Before(1987)
  • Any Colour(1988)
  • (Between A) Rock and a Hard Place(1988)
  • The Scattering(1989)
  • Everything But My Pride(1989)
  • The Last Thing(1990)


アルバム[編集]

  • Broadcast(1986)
  • The Scattering(1989)
  • Compus Mentus(1992)


コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Best of Cutting Crew(2003)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]