カチ山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カチ山駅
2号線 (新亭支線)の駅名標
5号線の駅名標
1段目:2号線 (新亭支線)の駅名標
2段目:5号線の駅名標
까치산
カチサン - Kkachisan
所在地 ソウル特別市江西区江西路 地下54
位置座標
所属事業者 ソウル交通公社
駅構造 地下駅
ホーム 22号線 (新亭支線):単式 1面1線
55号線:相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
30,034人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
58,405人/日
-2016年-
開業年月日 1996年3月20日
乗入路線 2 路線
所属路線 22号線 (新亭支線)
駅番号 234-4
キロ程 6.0km(新道林起点)
234-3 新亭ネゴリ (1.4km)
所属路線 55号線
駅番号 518
キロ程 8.9km(傍花起点)
517 禾谷 (1.2km)
(1.3km) 新亭 519
カチ山駅
各種表記
ハングル 까치산역
漢字 까치山驛
平仮名
(日本語読み仮名)
かちさんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
カチサンニョク
英語 Kkachisan Station
テンプレートを表示

カチ山駅(カチサンえき)は、大韓民国ソウル特別市江西区禾谷洞にあるソウル交通公社である。 なお、カチ(까치)とは韓国語カササギのことである。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

22号線(新亭支線)
55号線

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1996年3月20日 - ソウル特別市地下鉄公社2号線(当時)新亭支線、ソウル交通公社5号線の駅が開業。5号線は終着駅。
  • 1996年8月12日 - 5号線が汝矣島駅まで延伸開業、途中駅になる。

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。改札が両路線で共用しているため、利用人員は合算である。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
2 2号線
5 5号線
乗車人員 22,177 24,491 25,744 27,371 27,137 27,964 28,381 28,401 28,592 28,656 [1]
降車人員 19,398 21,096 22,148 23,364 22,792 25,172 25,529 25,569 26,017 26,249
乗降人員 41,575 45,587 47,892 50,735 49,929 53,136 53,910 53,970 54,609 54,905
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
2 2号線
5 5号線
乗車人員 28,995 29,082 29,443 29,739 30,314 30,282 30,034
降車人員 26,884 27,152 27,662 28,135 28,637 28,498 28,372
乗降人員 55,879 56,234 57,105 57,873 58,951 58,780 58,405

隣の駅[編集]

ソウル交通公社
22号線(新亭支線)
新亭ネゴリ駅 (234-3) - カチ山駅 (234-4)
55号線
禾谷駅 (517) - カチ山駅 (518) - 新亭駅 (519)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]