カチョカヴァッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カチョカヴァッロ Caciocavallo
Cacio cavallo cheese from GIA TRATTORIA ITALIANA.jpg
カチョガヴァロ
原料 牛乳羊乳
原産国 イタリア
呼称統制 PDO (Caciocavallo Silano)
テンプレートを表示

カチョカヴァッロ(伊語: Caciocavallo )は、イタリア発祥のチーズの種類の一つ。イタリア語で「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」はの意。モッツァレラチーズと同じように湯で練ることで整形し、紐で吊り下げ乾燥・熟成させてつくり、ヒョウタンのような形に仕上がる。その様子が、馬のの左右に袋をぶら下げて運ぶのに似ているため、こう呼ばれる[1][2]

概要[編集]

元はナポリ県ソレント地方産であったが、現在では南イタリアの各地(アブルッツォ州モリーゼ州ラーツィオ州、シチリア州など)で生産されている。生の乳のまま殺菌しないパスタフィラータ硬質チーズで、原料は牛の全乳、塩、レンネットのみを使用する。色は白く、固くなめらかなチーズである。

DOP指定のカチョカヴァッロ・シラーノや、カチョカヴァッロ・シチリアーノ(ラグサーノ)、カチョカヴァッロ・ポドリコなどがある。燻製していない「ビアンカ」と、燻製している「アフミカータ」がある。これは調理法の違いであり、地域や生産場所に関係ない分類。

日本でも淡路島で同種の製法のチーズが生産されている。ステーキのように焼く調理法もある[1]

出典[編集]

関連項目[編集]