カタール観光局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カタール観光局
Qatar Tourism Authority
Emblem of Qatar.svg
カタールの国章
組織の概要
管轄 カタール国
本部所在地 Qatar Tourism Authority
24624 Lusail Expy,
Doha, Qatar
ウェブサイト https://www.visitqatar.qa

カタール政府の一機関であるカタール観光局(QTA)は、カタールの観光の発展や促進に関連する規則、規制、および法律の制定および管理の責任を有する最高機関です。カタール観光局は、カタールの観光産業を拡大、多様化し、カタールのGDPおよび今後の成長と社会発展に関して観光が担う役割を築くため、観光客向けの観光名所や宿泊施設に責任を有しています[1][2]

QTAの業務は、観光産業の今後の発展に向け計画を立てるため、2014年に発表されたQatar National Tourism Sector Strategy 2030(2030年を見据えたカタール国家観光戦略:QNTSS)[3]に基づいています[4]

ビザ免除[編集]

ペルシア湾岸協力会議諸国(バーレーン、クウェート、オマーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦)の国民はカタールに入国する際、ビザは不要です。

訪問者向けのビザ[編集]

下記の34ヶ国の国民は事前にビザを手配する必要はなく、カタールに到着後、ビザ免除を受けられます。免除は発行日から180日間有効で、保有者は1回の旅行または複数回の旅行のいずれかでカタールに最高90日間滞在できます。

1.オーストリア.

2.バハマ

3.ベルギー

4.ブルガリア

5.クロアチア

6.キプロス

7.チェコ共和国

8.デンマーク

9.エストニア

10.フィンランド

11.フランス

12.ドイツ

13.ギリシャ

14.ハンガリー

15.アイスランド

16.イタリア

17.ラトビア

18.リヒテンシュタイン

19.リトアニア

20.ルクセンブルク

21.マレーシア

22.マルタ

23.オランダ

24.ノルウェー

25.ポーランド

26.ポルトガル

27.ルーマニア

28.セーシェル

29.スロバキア

30.スロベニア

31.スペイン

32.スウェーデン

33.スイス

34.トルコ

下記の46ヶ国の国民は事前にビザを手配する必要はなく、カタールに到着後、ビザ免除を受けられます。免除は発行日から30日間有効で、保有者は1回の旅行または複数回の旅行のいずれかで最高30日間カタールに滞在できます。この免除はさらに30日間延長できます。

1.アンドラ

2.アルゼンチン

3.オーストラリア

4.アゼルバイジャン

5.ベラルーシ

6.ボリビア

7.ブラジル

8.ブルネイ

9.カナダ

10.チリ

11.中国

12.コロンビア

13.コスタリカ

14.キューバ

15.エクアドル

16.ジョージア

17.ガイアナ

18.香港

19.インド

20.インドネシア

21.アイルランド

22.日本

23.カザフスタン

24.レバノン

25.マケドニア

26.モルディブ

27.メキシコ

28.モルドバ

29.モナコ

30.ニュージーランド

31.パナマ

32.パラグアイ

33.ペルー

34.ロシア

35.サンマリノ

36.シンガポール

37.南アフリカ

38.韓国

39.スリナム

40.タイ

41.ウクライナ

42.英国

43.米国

44.ウルグアイ

45.バチカン市国

46.ベネズエラ

カタール観光ビザ[編集]

いずれかの航空会社を利用してカタールを訪問する場合は、オンラインでカタール観光ビザを申請できます。リクエストを提出するには、以下を行う必要があります。

  • オンラインフォームを記入します
  • 必要な書類(パスポートのスキャンデータ&証明写真など)をアップロードします
  • 航空券の予約情報を提供します
  • 有効なクレジットカードでオンライン決済します

カタール航空を利用してカタールを訪問する場合は、同じ予約に含まれている乗客と同伴者のためにカタール観光ビザ申請プロセスでビザを申し込むことができます。

カタール通過ビザ[編集]

カタール航空でカタールに入国するあらゆる国の乗客は、無料で96時間の通過ビザを申請できます。ただし、特定の条件が適用されるため、ビザはカタール内務省の裁量でのみ発行されます。 Qatar’s Ministry of Interior.

GCC居住者訪問ビザ[編集]

ペルシア湾岸協力会議(GCC)諸国の居住者で、認定された職業に就いている人と同伴者はカタール到着後、GCC居住者訪問ビザを取得できます。1回限りの入国ビザは100カタール・リヤルの料金をクレジットカードで支払うと取得できます。このビザは30日間有効で、さらに3ヶ月間更新できます。このビザプログラムの利用を希望する場合、カタール入国後、職業が記載された公文書を提示することが求められる場合があります。

参考文献[編集]

  1. ^ Qatar National Vision 2030”. Ministry of Development Planning and Statistics. 2018年2月19日閲覧。
  2. ^ Qatar National Development Strategy 2011~2016”. Ministry of Development Planning and Statistics. 2018年2月19日閲覧。
  3. ^ Strategy 2030”. Qatar Tourism Authority. 2018年2月19日閲覧。
  4. ^ The Report: Qatar 2015. Oxford Business Group. (2015). ISBN 1910068276. https://books.google.co.in/books?id=HKnhDAAAQBAJ&pg=PA231&lpg=PA231&dq=Qatar+National+Tourism+Sector+Strategy+2030&source=bl&ots=EXfeZk4CQz&sig=F0DWAtx3oochgVIgxEGe3XnDxmI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjGvKC_p8HQAhWILI8KHV1yAmAQ6AEISDAI#v=onepage&q=Qatar%20National%20Tourism%20Sector%20Strategy%202030&f=false. 

外部リンク[編集]