カタリーナ・フォン・ハプスブルク (1256-1282)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カタリーナ・フォン・ハプスブルク
Katharina von Habsburg

出生 1256年ごろ
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
シュヴァーベン公領ラインフェルデン英語版
死去 1282年4月4日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bavaria (lozengy).svg バイエルン公領ランツフート
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bavaria (lozengy).svg バイエルン公領ランツフートゼリゲンタール修道院ドイツ語版
配偶者 下バイエルン公オットー3世
子女 ルドルフ
ハインリヒ
家名 ハプスブルク家
父親 ローマ王ルドルフ1世
母親 ゲルトルート・フォン・ホーエンベルク
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

カタリーナ・フォン・ハプスブルク(ドイツ語:Katharina von Habsburg, 1256年ごろ - 1282年4月4日)は、ローマ王ルドルフ1世ゲルトルート・フォン・ホーエンベルクの娘。1279年ごろに下バイエルン公オットー3世と結婚した。オットー3世はカタリーナの死後にハンガリー王となっている(在位:1305年 - 1307年)。

生涯[編集]

バイエルンとオーストリアが和解していた短期間の間に、ハインリヒ13世とルドルフ1世との間で、ハインリヒ13世の長男オットー3世とルドルフ1世の娘カタリーナとの結婚が、4万マルクの持参金とともに決められた。この金額と引き換えに、ハインリヒはオブ・デア・エンス(現在のオーバーエスターライヒ)を担保として要求した。この合意により、ルドルフ1世はオタカル2世との争いにおいて、ウィーンへの通路を確保した。

結婚式は1279年ごろにウィーンで行われた。しかし、両家の和解していた期間は長くは続かなかった。ルドルフ1世がオーストリアで勝利した後、ハインリヒはオブ・デア・エンスの獲得をあきらめざるを得ず、また持参金も3千マルクに減額された。カタリーナは結婚から3年後にランツフートで死去し、ゼリゲンタール修道院ドイツ語版に埋葬された。オットー3世との間には1380年に双子の男子ルドルフとハインリヒが生まれたが、どちらも生後間もなくして死去した。1383年の仲裁裁定により、ハインリヒ13世はルドルフ1世の後継者であるアルブレヒト1世に3千マルクを返還することとなった。

参考文献[編集]

  • Brigitte Hamann: Die Habsburger, ein biographisches Lexikon. Verlag Carl Ueberreuter, Wien 1988, ISBN 3-8000-3247-3, p. 232.