カタバミ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタバミ科
W katabami4061.jpg
カタバミOxalis corniculata
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウロソウ目 Geraniales
: カタバミ科 Oxalidaceae
  • 本文参照
スターフルーツ Averrhoa carambola

カタバミ科(Oxalidaceae)は双子葉植物の分類群のひとつ。8属約930種を含むが、カタバミ属がその大部分を占め世界に広く分布する。草本または木本。

特徴[編集]

は複葉(カタバミ属のような3出複葉または羽状複葉)で、マメ科と同じように就眠運動をする(オサバフウロ属はさわるだけで動く)。は両性、放射相称の5数性で、がく片と花弁および心皮は5個、雄蕊は多くは10本。果実は断面が五角形または星型、さく果(勢いよくはじける)または液果。

[編集]

新しいAPG植物分類体系では、Lepidobotrys 属を Lepidobotryaceae 科として独立させ、Hypseocharis 属はフウロソウ科へ移している。