カストロ (チリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カストロ
Castro
チリの旗
Bahiacastro.jpg
カストロの市章
市章
位置
州内におけるカストロの位置の位置図
州内におけるカストロの位置
座標 : 南緯42度28分0秒 西経73度48分0秒 / 南緯42.46667度 西経73.80000度 / -42.46667; -73.80000
歴史
創設 1567年2月12日
行政
 チリ
  ロス・ラゴス州
 県 チロエ県
 市 カストロ
地理
面積  
  市域 427.5 km2
標高 130 m
人口
人口 (2002年現在)
  市域 39,366人
その他
等時帯 CLT (UTC-4)
夏時間 CLST (UTC-3)
市外局番 56 + 41
公式ウェブサイト : http://www.municastro.cl/

カストロ (Castro) はチリ南部チロエ島にある都市で、行政上はロス・ラゴス州チロエ県に属していて、チロエ県の県都でもある。

歴史[編集]

カストロはチリで創設から現在まで続いている街の中では3番目に古い街である。1567年ロドリゴ・デ・キローガは、チロエ島の征服を開始し、義理の息子であるマルティン・ルイス・デ・ガンボアが軍を率いた。現在の場所にカストロの街を創設し、住人であったクンコ人(Cunco)を制圧した。1576年2月12日の街の創設から1767年まで、カストロはチロエ島の行政上の中心であった。1594年、カストロには8000人の住人がおり、その大半は農民であった。17世紀中頃までに、カストロはオランダの海賊によって何度も略奪にあった。

外部リンク[編集]