カステルサンタンジェロ・スル・ネーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カステルサンタンジェロ・スル・ネーラ
Castelsantangelo sul Nera
カステルサンタンジェロ・スル・ネーラの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
マルケ州の旗 マルケ
Blank.png マチェラータ
CAP(郵便番号) 62030
市外局番 0737
ISTATコード 043010
識別コード C267
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
気候分類 zona E, 2552 GG
公式サイト リンク
人口
人口 273 [1](2017-01-01)
人口密度 3.9 人/km2
文化
住民の呼称 castellani
守護聖人 聖ステーファノ (santo Stefano)
祝祭日 12月26日
地理
座標 北緯42度53分40.63秒 東経13度09分11.92秒 / 北緯42.8946194度 東経13.1533111度 / 42.8946194; 13.1533111座標: 北緯42度53分40.63秒 東経13度09分11.92秒 / 北緯42.8946194度 東経13.1533111度 / 42.8946194; 13.1533111
標高 780 (687 - 2259) [2] m
面積 70.71 [3] km2
カステルサンタンジェロ・スル・ネーラの位置(イタリア内)
カステルサンタンジェロ・スル・ネーラ
カステルサンタンジェロ・スル・ネーラの位置
マチェラータ県におけるコムーネの領域
マチェラータ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

カステルサンタンジェロ・スル・ネーライタリア語: Castelsantangelo sul Nera)は、イタリア共和国マルケ州マチェラータ県にある、人口約300人の基礎自治体コムーネ)。

歴史[編集]

この地域は、ネーラ川の近くであり、水が豊富なために先史時代から人が住んでいた。 中世には重要な中心地になり、家臣制度を通じて周囲の領土を支配した。 城で交代した最後の封建領主は、フィオルディランシア一族のチボルド・ディ・ファロフォ・ディ・ノクリアであった。この瞬間から、カステルサンタンジェロの歴史はヴィッソの歴史と関連している。

グアルドとピアンペルドゥートの土地をつかむためにノルチャと戦ったことで有名で、これはカステルサンタンジェロに有利に動き、1522年7月20日に終了した。 衝突の功績は、1600年に住んでいたカステラサンタンジェロ・スル・ネーラの詩人であるベレッタッチャによって作られた詩「ピアンペルドゥの戦い」により知ることができる。 1913年までカステルサンタンジェロはヴィッソの一部であった。 2016年10月26日および10月30日に起きたイタリア中部地震_(2016年10月)の後、中心街とその集落はほぼ完全に破壊された。地震のその震源地はカステルサンタンジェロ市にあった。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

マチェラータ県のコムーネ。県都マチェラータから南南西へ51kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。括弧内のFMはフェルモ県、APはアスコリ・ピチェーノ県、PGはペルージャ県所属を示す。

行政[編集]

分離集落[編集]

カステルサンタンジェロ・スル・ネーラには、以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Gualdo, Macchie, Nocelleto, Nocria, Pian dell'Arco, Rapegna, Spina di Gualdo, Vallinfante

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]