カスタムメイド3D2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カスタムメイド3D2
開発元 Kiss
発売元 Kiss
シリーズ カスタムメイド3D
発売日 2015年7月24日
対象年齢 18歳以上対象
デバイス HTC Vive,Oculus Rift,Leap Motion
テンプレートを表示
映像外部リンク
カスタムメイド3D2×まいてつ コラボ衣装第2弾 ダンスムービー

カスタムメイド3D2』は、2015年7月24日にKissから発売されたアダルトゲームである。

解説[編集]

『カスタム隷奴』の流れを組む『カスタムメイド3D』の続編である本作は、これまでと同様キャラクターエディットに特化している。 2015年9月18日に発売された『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip』は、ワイヤレスオナホール・Chu-B Lipを同梱したものであり、実用性を強化するため、育成および経営シミュレーション要素が廃止された。

また、2016年5月のアップデートで、『カスタムメイド3D2』と『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip』のVR化パッチが配信されたほか、2017年4月28日にはVRに特化した追加パック「カスタムメイド3D2 バケーションパックVR」が発売された[1]

システム[編集]

カスタマイズ[編集]

プレイヤーはツンデレ(声:佐倉もも花)、クーデレ(声:手塚りょうこ)、純真(声:御苑生メイ)の3タイプから1名選んで、メイドをカスタマイズする。服装や肌の色などを細かく設定できるほか、ランダムで設定することも可能である。また、カスタマイズの内容を保存することも可能である。

スケジュール[編集]

スケジュールは昼と夜に分かれており、昼はサロンの仕事や習い事、夜は接客業を中心とした内容となっている。 このうち接客業ではメイドにVIPの接待をさせることもできるほか、夜伽はメイドたちに性的な施しをすることができる。 ゲームを進めると、客とのHが可能な「フリー」と主人公以外のHが原則として認められていない「専属」のどちらかの契約を結ばせることができる。 ゲーム内で得た資金はエディットパーツの購入に使うことができる。

また、これとは別に、メイドたちを踊らせることもできる。

品評会[編集]

本作では品評会のシステムがあり、メイドのステータスが条件を満たすと、メイドのクラス(階級)を入手することができる。

2016年1月29日に発売されたアペンドディスク『カスタムメイド3D2+』では、プレイヤーが育成したメイドがNPCのメイド競い合う「メイドバトル」の機能が追加された。 NPCメイドは、一之瀬 桜(声:こたつみやこ)、土屋 よし子(声:藤堂みさき)、宮原 安祐美(声:美空なつひ)、椎名 藍衣(声:藍川珪)の4人がおり、メイドバトルに勝利すると「レンタルメイド」として雇うことができる。また、これらのNPCメイドはある条件を満たすとイベントを発生させることもできる。

同年7月29日に発売されたアペンドディスク『カスタムメイド3D2+ ACT.2』では、『エンパイアクラブ』の支店のNPCメイドたちと競い合う『エンパイアリーグ』が追加された。 『ACT.2』に登場するNPCメイドは唐崎 恵(声:楠田兎)、西周 真琴(声:八尋まみ)、ギンガ・S・ナメイド(声:藤邑鈴香)、赤羽 悠夏(声:あかしゆき)の4人である。

結婚[編集]

『ACT.2』では、ある条件を満たすとメイドと結婚することができる機能が追加されたことに合わせて、夜伽に寝取られ系のプレイが追加された。 また、2017年1月27日に発売された『カスタムメイド3D2+ ACT.3』では、メイドを新妻にすることができ、新婚旅行に行くことができるようになった。 なお、『ACT.2』を導入していないプレイヤーが、 『ACT.3』でメイドを新妻にすることはできるが、結婚式等のイベントは発生しない。

『カスタムメイド3D2 オフィシャルファンブック』付属アペンドディスク[編集]

『カスタムメイド3D2 オフィシャルファンブック』に同梱されているアペンドディスクは、複数のブランドとのコラボレーションイベントやKISSのユーザー投稿型企画"嫁イドグランプリ"の最終選考作品が収録されている[2]。 他社ブランドとのコラボレーションのうち、LiLiTHとのコラボレーションイベントは、LiLiTHの代表作である『対魔忍アサギ』を題材としたプレイである[2]。対魔忍プレイのうち、お客様を相手にしたプレイは、ご主人様を相手にするときも過激な内容となっている[2]。また、筆柿そふととのコラボレーションイベントは催眠プレイであり、シナリオは筆柿そふとの代表作である催眠シリーズを手掛けたNATORI烏賊が担当している[2]

VR対応パッチ[編集]

アップデートで配信されたVR対応パッチの対応製品のうち、HTC Viveはハンドコントローラに対応しており、キャラクターのカスタマイズは「空中マウス」モード、視点の移動は「ムーブ」モード、そしてオブジェクトをつかむ動作は「グラブ」モードに分かれており、それぞれのハンドコントローラで別々に割り振ることができる[3]。 また、キーボードのTabキーとCまたはVキーを押すと、プレイヤーのヘッドスケールのサイズが変わり、大きくなったり小さくなったりすることができる[3]。 なお、VR対応βパッチの時点ではOculus Riftはハンドコントローラに対応していなかったが[3]、2016年12月16日のアップデートにより対応した[4]

2017年2月10日のアップデートでは、視線追跡型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)・FOVE 0に対応し、エディット画面でキャラクターの身体のある部分を見つめると表情が変化するといったシステムが追加された[5]

バケーションパックVR[編集]

バケーションパックVRの時点では、ワープ方式が導入された[1]。 2017年4月28日に発売された追加パック「バケーションパックVR」のテーマは「VRで夏のバカンス」であり、プレイヤーはメイドたちの中から選んだ1人とともに、主人公の叔父が所有していたプライベートアイランドで過ごすというという内容である[6]。 この追加パックはVIPモードや夜伽モードだけでなく、VRコントローラを用いたミニゲームや家庭菜園も楽しめるほか、特定のフォルダに動画や音楽のファイルを入れると、ゲーム内の別荘にあるオーディオで視聴することができる[6]

前述のVR化パッチ同様、この追加パックも製品版Oculus RiftとHTC Viveに対応しているが、ヘッドマウントディスプレイがない場合でも一人称視点のゲームとして楽しめるようになっている[6]

開発[編集]

VR化[編集]

本作の発売から1か月後の2015年8月には開発者キットのみの存在だったOculus Riftに対応し、2016年5月にはHTC Viveにも対応し、同年10月にはLeap Motionにも対応した[7]。 KISSの広報担当者は、GQ JAPANの記事の中で「データ収集と試行錯誤を重ねた結果、『カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip』の開発に2年もかかった」とコメントを残している[8]。 KissのCTOであるねいは、paranoのVR対応パッチのベータ版の紹介記事の中で、現在VRのユーザーインターフェースの操作について悩んでおり、空中マウスモードは苦肉の策で入れたことを明かし、「コントローラのタッチパッドを押しながら移動するスタイルではVR酔いになりやすいので、Valve Corporationの『The Lab』のようなワープ方式に変更したい」とも述べている[3]

KISSはもぐらゲームスの取材に対し、「『バケーションパックVR』は性的要素を含んだVRにおけるキャラクターコミュニケーションの中でやりたいことを詰め込んだ作品であり、今後もVRに関する研究を行い、Hな視点からVRを日常のものに目指したい」とコメントした[6]

主題歌[編集]

カスタムメイド3D2[編集]

主題歌『ドキドキ ☆ Fallin’Love』
3D2+挿入歌『stellar my tears』
  • 歌:nao
3D2+ ACT.2挿入歌『happy!happy!スキャンダル!!』
  • 歌:nao

関連商品[編集]

ソフトウェア
  • 2015年9月18日 - カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip
  • 2015年10月23日 - カスタムメイド3D2 ビジュアルパック
  • 2015年12月25日 - カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip Wパック
  • 2016年1月29日 - カスタムメイド3D2+
  • 2017年4月28日- カスタムメイド3D2 バケーションパックVR
書籍
  • 2016年3月31日 - カスタムメイド3D2 オフィシャルファンブック

反響[編集]

VR対応に対する反響[編集]

2016年12月3日に開かれた体験イベントでは、100人の募集人数を大きく上回ったため、2度の抽選が行われた[7]。 また、来場者の中には自作の嫁メイド(カスタマイズキャラクター)を持参してVRでの触れ合いを楽しむ女性の姿もあった[7]

評価[編集]

ライター・佐藤はおたぽるとのインタビューの中で、「本作の育成シミュレーションの要素が、単なる作業にならないように調整されたことによってエロゲー版『プリンセスメーカー』とも思える仕上がりになり、ユーザーを虜にした」と評している[9]

高須賀哲はGQ JAPANに寄せた記事の中で、「キャラクターをアニメ調にする形であえて非現実を現実に接続した結果、よりエンターテインメント性の高い作品となった」と述べ、新たな可能性を感じさせると評した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b kawauso3 (2017年4月30日). “カスタムメイド3D2、初のVR特化「バケーションパックVR」発売 愛しのメイドと暮らそう【R-18注意】”. panora. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 【先行体験!】『カスタムメイド3D2』公式ファンブックのアペンドディスクの中身をいち早く公開!!【『CM3D2』情報局】”. TGSmart. テックジャイアン (2016年3月4日). 2017年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d kawauso3 (2016年5月3日). “アダルトゲーム「カスタムメイド3D2」がOculusとViveに対応 髪やスカートにおさわりできる!!”. panora. 2017年5月25日閲覧。
  4. ^ たかヰトモき (2016年12月19日). “VRのアダルトゲームは“触れる” 『カスタムメイド3D2』Oculus Touchに対応”. MoguraVR. もぐらゲームス. 2017年5月27日閲覧。
  5. ^ たかヰトモき (2017年2月13日). “どこを見ているかメイドさんにバレバレに アダルトゲーム『カスタムメイド3D2』が視線追跡VRHMDに対応”. MoguraVR. もぐらゲームス. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ a b c d たかヰトモき (2017年5月1日). “VRでメイドさんとイチャラブ アダルトゲーム『カスタムメイド3D2』VR対応コンテンツが発売”. MoguraVR. もぐらゲームス. 2017年5月27日閲覧。
  7. ^ a b c http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1033485.html
  8. ^ a b 高須賀哲 (2016年2月8日). ““アダルト”がVR普及を担うのか”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン. 2017年5月24日閲覧。
  9. ^ 【ぶっちゃけエロゲー界はどうよ?】2015年最も萌えてエロかったゲームとは!? エロゲー年間ランキングをざっくり振り返りつつ傾向を解き明かす!”. おたぽる (2016年6月17日). 2017年5月28日閲覧。