カスタムパーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カスタムパーツとは、メーカー・販売店が製造・販売する製品の基本仕様に対して、ユーザーが好みに応じて追加購入して取り付ける改造用の部品である。

メーカーが正規の販売網で供給する補修用・交換用の純正部品とは異なり、通常はサードパーティーによりアフターマーケットにて販売されている非純正部品(社外品)となる[1]。これらは、場合によってはメーカーや販売店(自動車ディーラーなど)が公式に取り扱っているオプション品として扱われることもある(汎用品もしくは車種専用品のメーカー純正オプションや社外オプションなどに分類される)。

機能面やデザインで従来の市販品では満足できないユーザーを主な顧客層としており、自動車オートバイ自動車などの他、パソコンエアソフトガンなど趣味性の高い工業製品の分野で多く見られる。カスタムパーツの使用は本体製造メーカーの保証適用外になっている場合が多く、基本的には自己責任によって取りつけられる。また、自動車やオートバイでは、カスタムパーツを取り付けることにより各部の測定値が変化し、場合によっては車検が通らなくなる事もある。

性能向上を目的としたカスタムパーツの場合、その多くはメーカー純正品よりも優れた性能を持ち、価格も純正品もしくは純正相当品より高価となる傾向にある。ただし、部品本体の耐久性の問題や、パーツを使用した際の全体の耐久性については、純正仕様より低下することはありえる。ドレスアップを目的としたカスタムパーツの場合、性能向上や耐久性は特に求められていない場合もある。

カスタムパーツを製造・販売する業者は、カスタムパーツ専門のメーカーから個人経営の販売店までさまざまである。例えば自動車の場合には、純正部品を製造する部品専門メーカーから市販されるケース(サスペンションブレーキなど)や、社外品メーカーから純正オプションとして供給されるケース(ホイールカーナビゲーションなど)がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]