カスケードトンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カスケードトンネル英語: Cascade Tunnel)は、アメリカ合衆国カスケード山脈を貫いてスティーブンス峠英語版の下に位置する2本のトンネルで、ワシントン州エバレットの東およそ65マイル(約105 km)のところに位置する。最初のカスケードトンネルは、8回のスイッチバックのあった当初の路線で冬期の多量の降雪により生じる問題を解決するために、グレート・ノーザン鉄道が1900年に建設した、全長2.63マイル(約4.2 km)の単線鉄道トンネルであった。2本目のカスケードトンネルは全長7.79マイル(約12.5 km)あり、東側のシェラン郡ベルンと西側のキング郡シーニックホットスプリングス英語版を結んでいる。最初のトンネルの代替として1929年1月12日に供用開始され、以降使用中である。アメリカ合衆国では最長の鉄道トンネルである。

歴史[編集]

当初のトンネル[編集]

カスケードトンネルの経路図
当初のトンネルの東側坑口から出てくるオリエンタル特急英語版、1918年。列車を牽引しているのは電気機関車である。
グレート・ノーザン鉄道が発行した新旧のトンネルを示した絵はがき

当初のトンネルは1897年8月20日に着工され、1900年12月20日に完成した。ジョン・フランク・スティーブンス英語版がこのトンネルと、1893年に開通した最急勾配40パーミルのスイッチバックのある暫定路線について、建設の主任技術者を務めた。トンネルの直上にあるスティーブンス峠は、彼の名にちなんで名づけられている。

トンネルは東に向けて17パーミルの上り勾配で建設され、制限勾配である22パーミルに近かったこともあり、煙の問題を抱えていた。トンネルは、1909年7月10日に電化工事が完成し、煙の問題を解消した。レヴェンワース英語版のすぐ西側のウェナチー川 (Wenatchee River) に建設された5 MW水力発電所からの電力により、珍しい6,600 V・25 Hz三相交流で電化されていた。トンネルの区間のみ、路線長にして4.0マイル、線路長にして6.0マイルの区間が電化された。

この区間において用いられた機関車は、アメリカン・ロコモティブが納めた4両のボックスキャブ機関車であった。機関車の電気品はゼネラル・エレクトリック製で、1,500馬力の出力を発揮し重量は115トンであった。当初は3両が重連で用いられ、列車を15.7マイル毎時(約25.1 km/h)で牽引した。しかしより重量の大きな列車のために4両の機関車の連結が必要になり、電動機直列につなぎ、電力供給の上限超過を避けるために速度が半分の7.8マイル毎時(約12.5 km/h)に落とされた。

しかしこのトンネルはまだこの地域の雪崩の問題に悩まされ続けた。1910年3月1日、カスケードトンネルの西側坑口に近いウェリントン英語版(事故後タイ Tye と改名される)においてグレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故が発生し、96人(資料によっては101人)が死亡するという、アメリカ史上死者がもっとも多い雪崩災害となった。この災害により、新トンネルの建設が促されることになった。

当初のトンネルは1929年に、新しくより長い、低い位置を通るトンネルが開通した後に廃止となった。2007年から2008年にかけての冬に、一部の区間の天井が崩壊してトンネル内を塞ぎ、この残骸と溢れた水のために歩行者も通行できなくなっている。当面の間、西側坑口から1.5マイル(約2.4 km)の範囲に立ち入らないように警告が出されている。

現行トンネル[編集]

新トンネルの開通、1929年1月12日

新カスケードトンネルは1929年1月12日に開通した。新線では路線長にして72.9マイル(約116.6 km)、線路長にして93.2マイル(約149.1 km)にあたる、スカイコミッシュ英語版ワナッチーの間が電化された。制限勾配は依然として22パーミルであったが、20パーミルまたはそれ以下の勾配区間21マイル(約33.6 km)が除却された。路線長は8.7マイル(約13.9 km)短縮され、最高地点は3,382フィート(約1,031 m)から2,881フィート(約878 m)へ、502フィート(約153 m)低くなった。新しい電気機関車は駆動用の直流電動機に電力を供給する電動発電機を搭載しており、従来の2本の架線に代えて1本のみの架線で済む、単相交流11 kV・25 Hz電化を採用した。ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス/ウェスティングハウス・エレクトリック製のZ-1型機関車は、半永久連結された1-D-1車軸配置の箱型車体を備えていた。2車体で371トンあり、1時間定格で4,330馬力を発揮した。

新トンネルは1925年12月に着工され、ミネソタ州セントポールのA.ガスリー (A. Guthrie) によってわずか3年で建設された。その目的は、老朽化しつつあるスノーシェッドをこれ以上保守しなくて済むように、1928年から1929年の冬までに完成させるというものであった。新トンネルの建設中、当初のトンネルとスカイコミッシュの間の21マイル(約33.6 km)が電化されたが、新トンネルの開通時にこのうち8マイルは廃止となった。東行きの2500トン列車がそれまで4時間かけていたところが、3500トン列車で1時間45分に短縮された。またそれまで、回生ブレーキから架線に返された電力は変電所に設置された液体抵抗器で熱に変えられて捨てられていたが、初めて他の列車で消費したり電力会社に送り返したりできるようになった。

ディーゼル機関車の排煙を排気する換気システムが取り付けられたのち、電気設備は1956年に撤去された。

1996年4月4日に東行きの貨物列車が、東側坑口の扉が適切に開かなかったために扉を壊してしまった。負傷者は出なかったが、代わりの扉がシアトル地区から運び込まれるまで数日に渡って列車の運転速度が下げられた。

2001年秋には、1両がトンネル内で脱線を起こし、そのまま引きずられた状態でトンネルの外に出てきた。これによりトンネルの壁に取り付けられたケーブル類がはぎとられてしまった。

運行[編集]

東側坑口のドアが列車を通すために開いている様子
カスケードトンネル西側坑口

現在カスケードトンネルはBNSF鉄道により通常通り供用されており、定期的な保守作業が行われている。新トンネルの区間はベルンとシーニックホットスプリングスを結ぶ直線のトンネルである。シアトルとワナッチーの間はBNSF鉄道のシーニック・サブディビジョン英語版に属しており、アムトラックエンパイア・ビルダーがここを通っている。安全と換気上の問題から、このトンネルはシアトルからスポケーンの間の区間で何本の列車を運行できるかの制限要素となっている。現在の制限は1日当たり28本である[1]。トンネルを通過する列車の速度は25マイル毎時(約40 km/h)である。

トンネル内の勾配は15.65パーミル(64分の1)で、西から東へ向けて上り勾配である。スカイコミッシュの町から西側までは22パーミルある。近年、トンネル内の電気通信設備と軌道が改良された。

排煙問題を軽減するために換気設備が用いられている。西側の坑口から列車がトンネルに進入すると、東側坑口の扉が閉じられ、巨大なファンが回転して冷たい空気をトンネル内に流し込み、ディーゼル機関車を助ける仕組みになっている。列車がトンネル内にいる間は、ファンは気圧の問題のために出力制限された状態で動いている。列車がトンネルを出て、赤と白の市松模様の扉が閉鎖されると、次の列車が入ってくるまでに排気ガスを完全にトンネルから排出するためにファンが20分から30分の間最大出力で運転される。反対方向の列車に対しては、0.6マイル(約1 km)離れた位置に列車が来た時点で扉が開く。ファンは2つの800馬力電動機で駆動されており、20分以内に7マイルのトンネル内から排気ガスを排出するようになっている。現在の列車の乗務員は、ファンが故障したり列車がトンネル内で立ち往生したりした場合に備えて携帯型呼吸器を携帯している。これに加えて、1,500から2,500フィート(約460から760 m)おきに非常用設備の設置されている場所があり、追加の空気タンクや換気設備の故障などに使える設備がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度44分33秒 西経121度04分10秒 / 北緯47.74250度 西経121.06944度 / 47.74250; -121.06944