にしまきとおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カジワラタケシから転送)
Jump to navigation Jump to search

にしまき とおる2月18日 - )は、日本漫画家宮城県出身。仙台市在住。

概要[編集]

デビュー作品は成人向け漫画であり、現在も専ら成人向け漫画を描いているが、1988年に「P.S.抱きしめたい」で講談社週刊少年マガジン』新人漫画賞に入選。その際、「カジワラタケシ」のペンネームで一般誌デビューする。カジワラタケシ名義の由来は、かつて同誌で活躍した漫画原作者梶原一騎と、1986年ビートたけし(北野武)が起こしたフライデー襲撃事件にちなむもので、担当編集者による命名とのこと。

1989年、『週刊少年マガジン』に読み切り作品「僕の夏・ビーナス物語」掲載を経て、それに続く『彼女はデリケート!』を連載。同作品におけるヒロインたちの必要以上にバストを強調した「超乳」描写は非常に特徴的であり、連載当時は珍しかったキャラクターフィギュアなどが製作された。

代表作の『BLUE EYES』は連載開始から10年以上続いており、成人向け漫画の中では稀なことである。掲載誌は、『コミック セラフィン』(ヒット出版社)→『コミック ミカエル』(ヒット出版社)→『D-ANGE』(ヒット出版社)→『コミック曼天』(ジェーシー出版)→『コミックCROSS』(ジェーシー出版)の順となる。単行本は、2006年3月の段階でヒット出版社より第9巻まで刊行されている。

主な作品[編集]

にしまきとおる名義[編集]

カジワラタケシ名義[編集]

外部リンク[編集]