カシン (オゴデイ家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カシンモンゴル語: ᠺᠠᠱᠢᠨ/Qašin, 中国語: 合失, 生没年不詳)は、チンギス・カンの息子オゴデイの息子で、モンゴル帝国の皇族。『元史』などの漢文史料では合失、『集史』などのペルシア語史料ではقاشیQāshīと記される。カシ、あるいは『黒韃事略』などの表記(河西䚟)に従ってカシダイとも表記される[1]

概要[編集]

『集史』「オゴデイ・カアン紀」によると、チンギス・カンの西夏遠征中に生まれたため、西夏の別称「河西」に因んで「カシン」と名付けられたという。

成長したカシンはメクリン部出身のスィプキナ(Sīpkīna)を娶り、スィプキナとの間にカイドゥという息子が生まれた。しかしカシンは大酒飲みで酒浸りだったため、父オゴデイ・カーンの存命中に若くして亡くなってしまった[2]

カシンの死後、トゥルイ家のモンケ・カーンが即位するとトゥルイ家と対立関係にあったオゴデイ家の所領は大幅に減らされ、オゴデイ家の諸ウルスは一時的に衰退した。しかしカシンの息子カイドゥはトゥルイ家内の帝位継承戦争を契機として勢力を拡大し、最終的にチャガタイ・ウルスやアリクブケ・ウルスをも併合して中央アジアに「カイドゥの王国(カイドゥ・ウルス)」とも呼称される独自の王権を樹立するに至った。

カシン王家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『黒韃事略』「今者小名曰兀窟、其耦僭号者八人。其子曰闊端・曰闊除・曰河西䚟・曰合剌直」
  2. ^ 松田1996,26頁

参考文献[編集]

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 松田孝一「オゴデイ諸子ウルスの系譜と継承」 『ペルシア語古写本史料精査によるモンゴル帝国の諸王家に関する総合的研究』、1996年
  • 村岡倫「オゴデイ= ウルスの分立」『東洋史苑』39号、1992年
  • 新元史』巻111列伝8
  • 蒙兀児史記』巻37列伝19