カシュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カシューとは、主原料の名称「カシュー・ナット (cashew nut)」にちなんで名づけられ、1950年カシュー株式会社が発明した合成樹脂塗料のこと。の代用として使用される。

概要[編集]

食用のカシュー・ナット(カシュー・ナッツとも)の実の殻(カシュー・ナット・シェル)から抽出されるカシュー・ナット・シェル・オイルを主成分として、フェノールメラニン尿素アルキドなどをアルデヒド共縮合することで製造される。乾燥(硬化)に湿度を要する漆では、漆風呂のような加湿設備を必要とするが、カシューの乾燥は空気中の酸素を取り込む酸化重合であるため、一般の塗料と同じ自然乾燥または加熱乾燥で行われる。

また漆と違い漆かぶれが無く(但し稀にかぶれる場合もある)、刷毛塗りの他、吹き付け塗装も可能である。