カシミール紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カシミール地方の地図(赤枠内が旧カシミール藩王国の範囲。緑がパキスタン占領地、橙はインド占領地、斜線部は中国占領地、茶は1963年にパキスタンが中国へ割譲した地域)

カシミール紛争(カシミールふんそう)は、カシミール地方をめぐって、インド共和国中華人民共和国、およびパキスタン・イスラム共和国の3カ国が領有権を主張する地域紛争である。

概要[編集]

カシミール地方をめぐって、インドは、ジャンムー・カシミールの藩王が歴史的に統治していた領域全体の領有を主張している。一方でパキスタンは、中国によって支配されている地域を除いた全域を自国の領土であると主張している。

インドは、ジャンムーラダクおよびシアチェン氷河のほとんどを自らの支配下においている。また、中国によって統治されているカシミール地方は、アクサイチンとして知られており、加えて、中国は1963年にShaksam Valleyを統治下においている。

インドは、パキスタンと1947年、1965年、1971年の3度(印パ戦争)、中国とは、一度カシミール地方をめぐって戦争(中印国境紛争)している。1990年以来、ジャンムー・カシミール州は、ラシュカレトイバなどのカシミール分離派とインド国軍の衝突が繰り返され、数千人規模の死者を出している。

紛争の歴史[編集]

1947年、イギリスがインド植民地からの独立を認めたため、インドとパキスタンという2つの国が誕生した。当時インド国内に565あった藩王国のそれぞれの藩王がどちらの国に参加することを決めなければならなかった。

ムスリム(イスラーム教徒)が人口の大多数を占めるジャンムー・カシミールにおいては、ヒンドゥーの藩王であるハリ・シングによって統治されていた。パキスタン軍に支援された北西辺境州よりやってきたパターン族が、ハリ・シングが存命の間はカシミールをどちらの国に属させるかの決定をさせないようにするために、侵攻した。藩王国はこの侵攻を防ぐことができず、カシミール地方のインドへの帰属を決定した。インド軍が、その結果、カシミール地方に軍隊を進めた。

第1次印パ戦争[編集]

パキスタンの急速な北カシミール地方への侵攻は、藩王がインドへの参加を決定しようとしているといううわさに基づいて実施された。カシミール藩王であるハリ・シングと藩王国首相のシャイフ・アブドッゥラーは、インド政府に介入を要請した。

しかしながら、インド政府は、インドとパキスタンはジャンムー・カシミールに対しては介入しないということを指摘していた。とはいえ、パターン族が、公的にもパキスタン政府がカシミール地方の帰属に対しては介入しているということを明らかにしつつ、パキスタンより侵攻していた。インドにとってすれば、違法な介入であり、もしこの介入が無ければ、ジャンムー・カシミールは公的にインドに参加するはずであった。藩王と藩王国首相は、自らの影響力を維持するためにも独立を示唆していた。

しかし、非情にもシュリーナガル(ジャンムー・カシミールの首都)郊外に、パキスタン経由の侵入者が到達したときには、インド軍の助けを必要とした。パターン族がシュリーナガルに到着する前に、藩王ハリ・シングとシャイフ・アブドッゥラー藩王国首相は、インド軍の援助と引き換えに、ジャンムー・カシミールのインドへと帰属する交渉を終了した。ジャンムー・カシミールのインドへの帰属の協定は、藩王とマウントバッテン卿との間に結ばれた。

中印国境紛争[編集]

第2次、第3次印パ戦争[編集]

関連項目[編集]