カシミール渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カシミール渓谷
Kashmir-sat-nasa.jpg
人工衛星から撮影されたカシミール渓谷。冠雪したピルパンジャル山脈(写真左、方位は南西)とヒマラヤ山脈(写真右、方位は北東)に両側を挟まれている。
所在地 インドの旗 インド
延長 135km
32km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

カシミール渓谷英語: Kashmir Valley)は、インド北部とパキスタン北東部に広がるカシミールの一部を成す渓谷である。ピルパンジャル山脈と南西部で、ヒマラヤ山脈と北東部で境を接している。およそ135キロメートルに及び、幅は約32キロメートル。ジェラム川によって浸食され、形成された。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Vale of Kashmir | valley, India”. 2016年7月8日閲覧。