カシコーン銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カシコン銀行
Kasikorn Bank Public Company Limited
市場情報 SET
略称 KBANK
本社所在地 タイ
バンコク
設立 1945年
SWIFTコード KASITHBK
外部リンク [1](英語)
テンプレートを表示
カシコン銀行の支店

カシコン銀行(Kasikorn Bank PCL) (タイ語: ธนาคารกสิกรไทย、中文表記开泰银行)は、タイにある銀行。かつては英語名をタイ語から翻訳したThai Farmers Bankとしていたため日本語では「タイ農民銀行」と呼ばれていたが、新しいコーポレートアイデンティティ導入でタイ語での名前は変わらないものの กสิกรを訳さずタイ語の発音をそのままアルファベットで表記する英語名になった。それに合わせて日本語での呼び方も変わった。イメージカラーは緑色。

概要[編集]

1945年6月8日、500万バーツの資本金で設立し、タイ証券取引所 (the Stock Exchange of Thailand (SET))に1976年上場した。タイでは4番目の規模を誇る銀行。 SET 50 Indexにも採用されている。(2008年2月現在)

2015年3月31日現在、登録資本金304億8600万バーツ・総資産2兆4748億7100万バーツ・預金1兆6533億9100万バーツ・貸出金1兆5482億3800万バーツ、国内の支店総数は1,128店舗(内バンコク近郊に326店舗、その他地域に802店舗)、国外ではロサンゼルス香港ケイマン諸島成都竜崗(深市)に支店、北京上海昆明東京ヤンゴンハノイホーチミンに駐在員事務所、ラオスにラオスカシコン銀行(ビエンチャンで設立した外資法人銀行)の合計14ヶ所の国外拠点を有している。これらの支店および駐在員事務所は、タイと取引相手国との商取引及び金融取引に関するサービス提供・支援業務等を行っている[1][2]

サッカークラブ[編集]

かつて、サッカークラブのタイ・ファーマーズ・バンクFCを有していた。 1994年1995年のアジアクラブ選手権(現・AFCチャンピオンズリーグ)に優勝して、同大会連覇を達成した最初のクラブとなった。また、現在に至るまで東南アジアのクラブによる優勝はタイ・ファーマーズ・バンクFCのみである。 1997年アジア経済危機が起こり、クラブのスポンサーであるタイ農民銀行の株の49%が外国人投資家達によって購入された。それに続く企業再生のプロセスの中、2000年にクラブは消滅することとなった。

注釈[編集]

外部リンク[編集]