カシオペヤ座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カシオペヤ座α星[1]
Alpha Cassiopeiae
仮符号・別名 シェダル[2], Schedar[3]
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 2.23[1]
変光星型 CST[4]
分類 橙色巨星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  00h 40m 30.4410679s[1]
赤緯 (Dec, δ) +56° 32′ 14.39217″[1]
赤方偏移 -0.000014[1]
視線速度 (Rv) -4.204 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 50.88 ミリ秒/年[1]
赤緯: -32.13 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 14.29 ± 0.15ミリ秒[1]
(誤差1%)
距離 228 ± 2 光年[注 1]
(70 ± 0.7 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -2.0[注 2]
Cassiopeia constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
α星の位置(丸印)
物理的性質
半径 42.1 ± 1.7 R[5]
質量 4 - 5 M[5]
表面重力 1.83 ± 0.03 (logg)[6]
自転速度 21km/s[7]
スペクトル分類 K0-IIIa[1]
光度 855 L[5]
表面温度 4,520 ± 50 K[6]
色指数 (B-V) +1.17[7]
色指数 (U-B) +1.13[7]
色指数 (R-I) +0.60[7]
金属量[Fe/H] -0.026 ± 0.041[8]
別名称
別名称
カシオペヤ座18番星[1]
BD +55 139[1]
FK5 21[1]
Gaia DR2 418551920279473536[1]
HD 3712[1]
HIP 3179[1]
HR 168[1]
SAO 21609[1]
2MASS J00403044+5632145[1]
Template (ノート 解説) ■Project

カシオペヤ座α星は、カシオペヤ座恒星で2等星。

特徴[編集]

1998年に、おひつじ座α星と共に周辺減光まで精密に観測された[5][9]。1999年には地球からの視直径が0.00560、直径は太陽の42.1倍と測定された[10]

この恒星の化学組成は太陽とよく似ているが、太陽に較べてジルコニウムユウロピウムが少ないという特徴がある[5]

19世紀には3等星まで暗くなったという記録があるため不規則型の変光星とされたが、最近の研究では変光は観測されていない[5]

名称[編集]

学名はα Cassiopeiae(略称はα Cas)。固有名シェダル[2] (Schedar[3]) は、アラビア語で「胸」を意味する al-ṣadr に由来する[11]はくちょう座γ星の固有名サドルも同じ言葉に由来している[12]。2016年8月21日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Schedar をカシオペヤ座α星の固有名として正式に承認した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t * alf Cas -- High proper-motion Star”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2020年2月8日閲覧。
  2. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、204頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月18日閲覧。
  4. ^ GCVS”. Results for alf Cas. 2015年10月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Jim Kaler. “Shedar”. 2016年11月18日閲覧。
  6. ^ a b Krtička, J.; Štefl, V. (1999). “Atmosphere parameters of four K-giants obtained by spectrum fitting”. Astronomy and Astrophysics Supplement Series 138 (1): 47-54. Bibcode1999A&AS..138...47K. doi:10.1051/aas:1999265. ISSN 0365-0138. 
  7. ^ a b c d Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=168. 
  8. ^ Taylor, B. J. (1999). “Catalogs of temperatures and [Fe/H] averages for evolved G and K stars”. Astronomy and Astrophysics Supplement Series 134 (3): 523-524. Bibcode1999A&AS..134..523T. doi:10.1051/aas:1999153. ISSN 0365-0138. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5e3e1c0314e8&-out.add=.&-source=J/A%2bAS/134/523/catalog&recno=27. 
  9. ^ Hajian, Arsen R. et al. (1998). “Direct Confirmation of Stellar Limb Darkening with the Navy Prototype Optical Interferometer”. The Astrophysical Journal 496 (1): 484-489. Bibcode1998ApJ...496..484H. doi:10.1086/305388. ISSN 0004-637X. 
  10. ^ Nordgren, Tyler E. et al. (1999). “Stellar Angular Diameters of Late-Type Giants and Supergiants Measured with the Navy Prototype Optical Interferometer”. The Astronomical Journal 118 (6): 3032-3038. Bibcode1999AJ....118.3032N. doi:10.1086/301114. ISSN 0004-6256. 
  11. ^ Kunitzsch 2006, p. 26.
  12. ^ Kunitzsch 2006, p. 33.

参考文献[編集]

関連項目[編集]