カサ・デ・カンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペイン広場の後ろにあるカサ・デ・カンポの湖
カサ・デ・カンポの三角噴水

カサ・デ・カンポCasa de Campo)とは、マドリードモンクロア=アラバカ区の西にあるスペイン最大の都市公園である。以前は王室の狩場であり、敷地面積は1,700ヘクタール(6.6平方マイル)以上である[1]

公園内には遊園地パルケ・デ・アトラクショーネススペイン語版)やマドリード動物園がある[1]。マドリード市民が公園内で一日を過ごす事は一般的であり、良い天候に恵まれており、周辺ではリスウサギ、様々な種類の鳥のような野生動物を見ることもできる。近年、湖の近くで多くの売春婦が営業しており、カサ・デ・カンポはメジャーな売春エリアとなっている[2][3]

1936年から1939年にかけてのスペイン内戦において、マドリード包囲戦の最前線はカサ・デ・カンポを縦貫し、1936年11月にそこで共和国軍は反乱軍の攻撃を停止させた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b カサ・デ・カンポの旅行情報”. 地球の歩き方T&E. 2011年2月17日閲覧。
  2. ^ Madrid to set up red-light quarter”. インデペンデント (1999年5月8日). 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ Ronald John Weitzer (1999-12-7) (english). Sex for sale: prostitution, pornography, and the sex industry. Routledge. pp. p.126. ISBN 041592295X 

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度25分22秒 西経3度45分21秒 / 北緯40.42291度 西経3.75595度 / 40.42291; -3.75595